BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

完成見学会広告用の撮影

2011年12月28日

本日の被写体はヴィンテージなオシャレな家。
ガレージにも同じようなカッコよさを加え、家の中もシックなダークブラウンを基調とした家でした。

予定通りの完成が追い付いておらずに、内観だけ撮影して、外観は年明けということとなりました。
年明けのお仕事も建築写真みたいです。
ちなみに、私は撮影だけの担当ではありません!
ディーシーエスはホームページ制作や運営代行、SEOなどの業務もおこなっているため、他のことも担当しております。

完成見学会写真

この家は年明けに、完成見学会をおこなうらしく、今回は広告掲載用の撮影の予定でした。
広告は外観がないとなんともならないので、担当の方も落ち着いて年越しをする予定が、年明けに撮影ということでちょっとがっかりしていました。

今日、担当者の方に『見学会に呼ぶには写真がすべてだ』という言葉をいただきました。
緊張してしまう、身の引き締まる想いで聞きました。
人の呼べる、しっかりとした写真をこれからも撮影していきますよ!

愛知県西尾市でモデルハウス竣工写真撮影

2011年12月26日

今日は、大雪!
昨日から私の住む恵那市は大雪。
まさか名古屋までもが大雪になるとは思っておらずに、ちょっと早めに起きた今朝。

まさかの愛知環状線のストップ!
え?
高速って止まるんだ・・・
と意味のわからないことを考えながら、なんとか西尾市に出発。
西尾市住宅撮影

名古屋市を通過するころも雪がチラつき、この写真は知多半島道路の様子です。
なんとか予定の時間に到着し、撮影できました。

担当の方に聞くと、西尾市ではこんなに雪が降る日は”年に1度か2度”ということでした。
なかなかのタイミングのいい日に当たったみたいです。

このモデルハウスは、白を基調としたカッコいい家でした。
西尾市住宅撮影

なんとか午後からは晴れたので、よかったです。
帰りは愛知環状線は通行可となっておりました。

カーディーラー竣工写真撮影

2011年12月20日

ホームページよりお問い合わせをいただいた建設会社様の依頼でカーディーラーの撮影に出かけました。
前日に夜景の撮影を済ませ、そのまま半田市で宿泊。
次の日は、ディーラーの社員さんがお仕事を始める前に撮影を済ませました。

ディーラーの撮影は初めてでしたので、ちょっとどうなるのか、光の心配をしていましたが、中はとても明るく撮影できました。
(車をしっかりと見せるところですから、十分な光があって当然ですね・・・)

カーディーラー撮影

この日の夜景撮影時に大変だったのは、個人住宅ではあり得ないことです。
それは、個人の住宅では幹線道路沿いに家を建てることは少ないからです。

建物の大きさがあるために、距離を置いて撮影します。
今回の場合は、道を挟んでの撮影です。

この時に車が通過するんです・・・
夜景撮影の時に車が通過すると、赤いブレーキランプの線が写真に入ります。
そのためにタイミングを見計らって撮影しないといけないのです。

夜景を撮影したことがある方はご存じでしょうが、シャッタースピードが長くなります。
これで車が入ってくることがありました。

なんとか撮影完了できましたが、一眼レフをお持ちの方は、ぜひ、夜の建物を撮影してみて下さい。
おもしろい写真が出来上がりますよ。

カーディーラー撮影

介護福祉施設の撮影

2011年12月17日

介護福祉施設を建築会社さんが建てたということで、撮影に行ってきました。
個人の住宅とは違い、本当にすばらしい建物でした。

抹茶色の壁と障子の落ち着いた雰囲気の建物でした。

介護福祉施設撮影

天井には大きな梁があって、すごい豪華な建物でした。
冬の山の中に、大きな建物があり、寛ぎの雰囲気を感じる建物でした。

介護福祉施設撮影

本日より、撮影時に半袖で撮影することを終了しました(笑)

今の住宅は気密性が良く、12月でもとても温かいです。
そのために、集中して撮影をしているとどんどん暑くなり、半袖Tシャツで撮影をしていました。
さすがに今日は半袖になるまでは暑くなかったので、長袖Tシャツの撮影でした。

もう冬ですね。

恵那市で建築写真撮影

2011年12月15日

本日は、恵那市内の住宅撮影でしたよ。
恵那インターの近くで、スッキリとした家でした。

外観の柵をまだ取り付けていたので、工事の方にお願いをしながらの撮影でした。
実は、外観の撮影のときには、脚立に立っての撮影をしています。

カメラの位置がちょうど建物の真ん中に持ってこれると見やすい写真となるのです。
カメラを水平に構え、しっかりと家を見据えて撮影しています。

脚立に立つって結構、恐いですよ。
特にこの家の撮影のときには、外観を撮影する脚立の足場が砂利だったので、ちょっと揺れて大変でした。
なんとか撮影を完了しましたが、いろいろと写真には写らない裏があるものです。

恵那市建築写真撮影
恵那市建築写真撮影

リフォーム写真撮影

2011年12月09日

最近では古民家をいい感じにリフォームして暮らしている方がいるらしいですね。
柱や細かな調度品をそのままに、昔からの風情を残して暮らしていく、しかし、トイレや風呂は完全に最新設備。

そんな古民家を撮影してきました。
本日はまだ、リフォーム前の状態で、かなり古い建物でした。

撮影にお邪魔するとおばあちゃんがいて、部屋数が多いから高校の下宿として高校生の面倒をみていた話を聞きました。
2階は7部屋ぐらいある大きなお宅でびっくりでした。

新築住宅とは違う、ちょっとカッコいいヴィンテージの匂いのする家でした。

ちなみにヴィンテージと言えば、ジーンズです。
私はジーンズが好きで、仕事のときには履きませんが、お休みになるとジーンズを履いております。
リーバイスのヴィンテージも当然、持っています。

古いものはいいです。
もちろん冬に来ているダウンもかなり古いダウンジャケットを古着屋さんで購入して来ております。

古いっていいですね。


リフォーム写真撮影

12月の撮影

2011年12月07日

12月と言えば、クリスマスですね。
以前、ディズニーランドに家族で行ったときのクリスマスツリーの写真。
やはり人が多すぎるということがディズニーランドのすばらしいことですね。

12月の撮影

みんな楽しそうな12月のディズニーランド。
とてもいい季節ですね。

今年もディズニーランドに行きたいですが、年末に新築住宅が建つのは本当は多いです。
新年を新居で迎える家族のために、建築会社さんも必死です。
そして、12月は撮影ラッシュが訪れます。

今年もたくさん撮影しますよ~。
12月は夜景撮影が寒くなっていく季節です。

小牧市で建築写真撮影

2011年12月06日

昨日の稲沢市の撮影写真をチェックしながら、昨日は就寝。
本日は、小牧市で建築写真の撮影です。
ちょっと庭などの外側が工事中であるために、外観の撮影を午前中にしてほしいというお話でした。

工事の人には申し訳なかったのですが、14時ごろから雨が降り出し、あのアドバイスのおかげで外観も撮影できました。
このお宅は、正直気に入りました。
ブログにこの家はすばらしい!とは書きますが、私の個人的な意見は気に入るとか優しめで書きます。

オレンジのキッチン!
オレンジのお風呂!
最高でした。
個人的にオレンジや黄色が好きなので。


小牧市建築写真
小牧市で建築写真

この家は、正直気に入りました。
個人的な意見はここまで。

では、撮影した写真を見直しますね。
それでは!

稲沢市で建築写真撮影

2011年12月05日

本日は、無垢材の床がいつもキレイな建築士事務所からのご依頼で愛知県稲沢市へ撮影に行ってきました。
木の家と言うか、無垢材の床はいつ見ても心地よいです。

簡単に無垢材とは言っても、柔らかい素材から堅い素材までいろいろな種類があり、いつも素晴らしいと思っております。
稲沢市建築写真
本日は、午後から撮影に施主さんも来て下さって、家族の方の想いを聞くことができました。


稲沢市建築写真

新築時の家族の身長を表す木のモニュメントが2階の階段部分に飾られていました。
こういうオリジナリティーがある家って、本当に面白いですよね。
赤いランプは、家族で北海道旅行に行った時の思い出のランプらしいです。

『ブログに載せるから』と言って、撮影している私を撮っているのがちょっと照れました。
あまり撮られることはありませんからね。

家族の写真もたくさんありますが、自分の写真はなかなか見つからないです。
また、自分のすばらしい写真も掲載しますね。

明日は、小牧市で別の建築会社さんの住宅撮影がありますので、本日は小牧市で宿泊です。
明日はどんな家かな。

カメラマンブログをスタートしました

2011年12月01日

はじめまして。
私、カメラマンとして建築写真を担当しておりますディーシーエス安部と言います。
12月1日より、この建築写真のサイトでブログを始めることとなりました!

建築写真の撮影時の話や、趣味として撮っている写真など、写真についていろいろと書きたいと思っています。
よろしくお願いします。

もちろん、仕事ばかりではなく、ふつうのプライベートの話も書きながらどんな雰囲気で写真を撮影しているのかを書いていきます。
写真はとても楽しいものです。
今しかない時間を『写真』というカタチでどこかに置いておくことができることが写真のすばらしいことです。

建築写真で言えば、完成して間もない時間を家具も何もない新品そのものの状態を残しておけるのは、少しの時間しかありません。
家族が住みながら、どんどん愛着が湧いていくものですが、新品の状態を残していくこともすばらしい思い出です。

家族の思い出に建築写真を残すことをお勧めいたします。
ちょっと最初なので、建築写真PRも入りましたが、ブログのスタートです。
よろしくお願いします。

カメラマンブログスタート