BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

家を建てたい人の気持ちは家を建てた人に動かしてもらいましょう!

2019年02月13日

撮影部の小池です!

最近全国的にインフルエンザが大流行しているようですが
みなさんの周りにはインフルエンザにかかっているような
人はいないでしょうか?

最近弊社のスタッフにインフルエンザ予防には紅茶を飲むといい
と教えてもらいい、最近毎日家で紅茶を飲んでいるおかげか
今シーズンまだ一度もインフルエンザにかかっていない小池です。
(ちなみに普通の風邪は引きました。)

また風邪の予防は気温ではなく湿度を気にしたほうがいいらしいですね。

私は「これがいいよ!」と教えてもらうとすぐに信じこんでしまうので
アロマ加湿器を我が家に購入しました。笑
(そのうちあやしいツボとか買ってないか心配です。笑)

しかし、、、

我が家では猫を3匹飼っているのですがアロマ加湿器を付け始めてから
猫たちが家のあちこちでくしゃみをするようになりました。

猫は生活環境のちょっとした変化に敏感に反応するので
なにか猫にとってあまり良くないのかもしれません。泣

特に私の部屋に入ってこなくなり部屋のまえであきらかに
臭いものでも嗅いだかのような態度をしてくるので、
早々にしまわないといけなくなりそうな小池でした。笑

なにわともあれみなさんも風邪やインフルエンザなどには十分に注意してくださいね!

さて今日もしっかりみなさんの為になる情報をお届けしたいと思います。

最近広報や宣伝に特に力を入れてらっしゃる工務店様、建築会社様で
とても人気なサービスがあります!

それは「お客様インタビュー撮影」です!

本当にタイトル通りのサービスなのですが 笑

実際にお家を建てられたお客様のもとに私たちがお伺いし、
インタビューという形で
お客様が家づくりをしたことで、嬉しかったことや、工務店様とのエピソードなど、
第三者しか聞くことができない生の声をプロのインタビュアーとライター
が形にするというサービスなんです。

今後家づくりをする方がどのようなことを気にされるのか
そういった傾向を弊社でまとめあげているので
工務店様や建築会社様が次のお客様に伝えたいことがしっかりと
ひきだせるようなシステムになっています。

さらにさらに!

私のようなカメラマンも同行するのでお施主様がお住まいになった後の
竣工写真も撮影できます。

実際にお施主様をモデルにした撮影もできますので
より生活感のあるリアリティある写真が撮影できます!

モデルが入っている「リアリティある写真」と「プロのインタビュー」

それらが次のお客様になる方への説得力ある営業ツールになるということです。

雑誌などでしか見かけないようなそんな完成された媒体が
「ホームページ」「SNS」「チラシ」「フリーペーパー」
様々な媒体で使うことができます!

一度インタビューと撮影をしてしまえば今後どのような媒体に何回でも
その記事や写真を使うことができるので雑誌社やWEB制作会社との
わずらわしいスケジュール調整ややり取りも必要ありません。

住宅営業にお困りの方には特に試していただければと思います。

お施主様の生の声が次のお客様への営業になります。

さてさてそんなサービスですが

「お高いんでしょう?」

と、(某)通販番組のようなお決まりの掛け声が聞こえてきそうですね 笑

「なななんと!!」
「今回かぎり!!」
「特別大値引きで!!」

とはいきませんが 笑

撮影費込みで100000円(税別)となります。

通常の撮影費が49800円ですからとってもお得なサービスとなっています。

お客様、お施主様の声は工務店様、建築会社様の財産になります。

是非この機械にお試しください!

さてさてまたも長くなってしまいましたが、
まだまだ寒い季節が続きますので冒頭でも書きましたが
体調にはくれぐれもお気を付けください。

それでは最近筋トレをしすぎて周りからすこし引かれている
撮影部小池でした!

(もはやなにをめざしているのか自分でもわかりません)

「静」から「動」へ家の魅力は動画で伝える時代

2018年09月16日

こんばんは!

撮影部の小池です!

最近台風や地震など日本列島各地で災害がたくさんおこっていますが
みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?
私たちも日本全国から建築写真撮影のお問合せをいただき毎日飛び回っていますので
災害などの情報には特に気を付けて確認しています。

早めの情報収集や早めの避難で災害に巻き込まれないよう気をつけたいと思います。

さて今日は弊社の撮影サービスのご紹介したいと思います。

弊社はおかげさまで建築写真撮影の会社として全国からお問合せいただいておりますが
写真を撮るということ以上にそういった情報媒体を通じて
建築会社様、工務店様の収益が上がるように、
また魅力的なツールでさらなる受注に繋がるようにと
サービス向上にとりくんできました。

そんな中現在情報を伝えるものは「静」から「動」へ変わりつつあります。

「YouTube」

みなさんも一度はこの言葉を見たり聞いたりしたことがあるかと思います。
また実際にこの情報ツールを使用しているかたも少なくないかと思います。

まず「YouTube」とは、
アメリカ発の世界最大の動画共有サービスでユーザーは自由に動画を閲覧することができまたチャンネルという自身の動画投稿スペースを作ればだれでも簡単に動画を世界に配信することができます。

そして

そのユーザー数は

なんと!

全世界で10億人!

世界人口が70億人ですので実に約7人に一人がコアに使用しているという計算になります!

また日本ではインターネットユーザーの77%が使用使用しているといわれています!

これだけ多くのひとが「動画」という媒体を通じて情報をとりいれるようになってきています。

近年では「Youtube」に動画を投稿して生計を建てる「

そんな情報ツールを逃してはいけないということで弊社では建築写真のノウハウを活かした。

「建築動画撮影サービス」を始めました!

建築写真撮影で長年培ってきたノウハウを活かしての動画撮影なので動画としての
クオリティはもちろんのこと、

動画という良さをフルに活かしたお家の魅せかたをご提案をしています!

撮影した動画は前述した「YouTube」にアップしたり
お家見学会で上映したりと使い方は様々!

そんな動画を一本つくるのに必要な費用は、200000円(税別)となります。

最近某大手ハウスメーカーや大手インテリア販売会社がどんどん動画による家の紹介というものに力を入れつつあります。

弊社にも日本全国からお問合せが集中しております。
機材やスケジュールの関係で動画撮影はお請けできる数に限りがございます。
ご予約はお急ぎください。

情報の伝え方は間違いなく「静」から「動」へとかわりつつあります。
この機会に是非建築動画撮影サービスをご利用ください。

以上撮影部小池でした。

INSTAGRAM大爆発!?SNSに秘められた建築写真の可能性

2018年08月18日

こんばんは!
撮影部の小池です!
お盆を過ぎすこし過ごしやすくなってきましたね!
ディーシーエスもお盆休みを明け連日ディスプレイフォトで全国各地に出張しております!
さて今日は題名にも書いてあるとおり近年爆発的に普及をしているSNS
「INSTAGRAM」についてとSNSを利用した建築写真の可能性についてお伝えしたいと思います!
皆さんはINSTAGRAM(インスタグラム)をご存知でしょうか?
インスタグラムとは、
SNS(ソーシャルネットワークサービス)の一種で主に写真を媒体とした人と人が繋がるサービスです。
利用者の間では「インスタ」と呼ばれることが多いです。
外国の著名人や政治家または日本の芸能人やアイドルなどが利用したことで爆発的に日本に普及をしました。
インスタグラムの利用者数はリリースされた2013年より年々飛躍的に増加し現在では
なんと!
国内ユーザー数 2000万人!!
全世界ユーザー数 10億人!!
という脅威の利用者数を誇っています!
日本国内で計算すると約6人に一人が利用している計算になりますね。
またその中でも最も多いユーザー層が
20代~30代の女性なんです!
もうお気づきかもしれませんが
今後お家を建てていく20~30代の女性はインスタグラムからお家の情報を得るようになります。
これは広告宣伝ツールとしてとてつもない力を秘めています。
それはお家選びを「建築写真」から始める人が急激に増えていくということなんです!
もうすでに建築写真を有効利用したマーケティングを始めている工務店様、建築会社様はたくさんいらっしゃいます!
そんな中弊社でもインスタグラムを利用した広告宣伝サービスをはじめました!
「インスタ投稿代行サービス」
内容は下記のとおりです↓
① 弊社の営業日は毎日1枚工務店様に変わりインスタグラムへ写真をアップします!
② お写真は撮影させていただいたものでもいただいたものでもOK!
③ インスタグラム用に特別な加工を施します!
④ コメント記事やハッシュタグ付けも弊社が変わりに行います!
わかりやすくまとめると、
1日1枚御社のインスタグラムに「綺麗にカッコよく」加工された建築写真が「自動でアップされる」サービスなんです!

「もっと早くやれば良かった!」と見学会ディスレイフォトの感想をいただきました。

2017年09月14日

こんばんは、朝晩寒くなってきましたね。
そろそろお布団を出さねばと思っている制作部の河合です。

先日お逢いしたお客様に、「もっと早くやってればよかった!」と
見学会ディスプレイフォトの感想をお聞きしました。
その時、今日一番の笑顔を見せてくれたお客様の顔で、
私もとっても嬉しくなってしまいました。

工務店様がお客様と一緒に家づくりを進める中で、
自然とイメージしているのは家具の入っていない部屋ではなく、
家具があり、そのお部屋で暮らしているお客様だと思います。

でも竣工写真を撮影するタイミングや、完成見学会を行うタイミングでは、
工事の進行具合もありますが、
家具の入っていない内観写真になることが多く、
家づくりを伝えきれない、チラシでも魅力を伝えきれないと
思っていらっしゃる方も多いと思います。

それは、完成住宅の写真を撮影し、
それをチラシやホームページに使うといった制作にも関わらせていただいているからこそ、
私たちも強く感じていて、
ディスプレイフォトはそんな想いの中生まれたサービスとも言えます。

家具を入れることで、お部屋が本来のイメージに近づくだけではなく、
お客様が「こんな暮らしをしたい!」とワクワクとしていただけるような
夢のある家具雑貨を選んで飾っています。

ダイニングテーブルで、コーヒー豆をひいて、
ゆっくりと朝のひとときを愉しむ。

例えば、そんなシーンをイメージしながら、
住みはじめたあとの暮らしのストーリーを創っていきます。

家具によっても、与えられるストーリー性は変わってきますね。
例えばリビングテーブル、ダイニングテーブルを2つ置く、というところを、
リビングダイニングテーブルにすることで、ダイニングでリビングのように
くつろぐシーンが描けます。

ディスプレイフォトは工務店様にとっても、
そしてお客様にとっても、
メリットの多いサービスだと自信を持って言えます。

見学会にはぜひディスプレイフォトをご依頼ください^^

 

ディスプレイフォト 中津川市

 

静岡にてディスプレイと竣工写真の撮影

2017年09月13日

ようやく涼しくなり過ごしやすくなってきました。

今年の夏は「空調服」を購入し、暑さを乗り切った小林です。

 

さて、今日は静岡の工務店さんからご依頼をいただき、完成住宅のディスプレイと撮影をしてきました。

 

ディスプレイから撤収までの流れ(一日コース)

  1. 工務店様から図面や見所などを聞く
  2. 写真や図面を見ながら、家族構成やターゲットを考慮しつつ雑貨や家具を選びます。(今回は夫婦と15歳の女の子、13歳の男の子の四人家族がターゲットでした)
  3. 仕様書を確認しながら搬入作業を行います
  4. ディスプレイ終了後撮影開始。三脚を使い、家の隅々まで約100カットを撮影していきます。(約3時間かかります)
  5. 撮影終了後撤収
  6. 帰社後、専門のデザイナーによる歪みや不要物除去などの写真修正
  7. 郵送にて納品

以上がディスプレイと撮影の流れとなります。

 

今日も工務店の担当者様に「ディスプレイが有るのと無いのとでは見違えるほど違うね!」と言って頂き一気に疲れも吹っ飛びました。

完成写真で工務店様の受注を増やす!

これがディーシーエスの使命だと社員全員思っています。

 

ディスプレイしたダイニングテーブル

雑貨撮影

 

写真は後日公開します!