BLOG

ホームステージングで見学会の滞在時間がアップ!

2020年01月21日

完成見学会で完成されたお家を見ても、なかなか自分が住んだ時のイメージは付きにくいものです。

やはり言葉だけで説明されても、なかなか理解しづらく、イメージは付きづらい。
それを解消するのが視覚的にお家のポイントを説明してくれる「ホームステージング」です!

言葉ではなく目に入るもので家のこだわりポイントを感じてもらう

工務店さんによって家へのこだわりポイントはそれぞれですよね。
自社の強みを「これがいい!」と感じてくれるお家づくりができたら
お客様満足へと繋がり、またそれが次の受注へと繋がります。

例えば洗面。
広くとった造作の洗面台やランドリールームが強みだとすると、
そこが空っぽでは、「ここには何を置くんだろう?」
「洗濯をして干してたたんでしまう、にはどういう動線でつながっているんだろう?」と
なかなか理解ができません。

あるべき場所にあるべきものがある、それこそが1番の説得力です!

洗剤や化粧品、スツールを置くことでここで何ができるのかを視覚的に説明

ホームステージングによって見学会の滞在時間がアップする!

ホームステージングで演出されたポイントは見るだけでも
家への理解がぐんとしやすくなりますが
見学会ではそこでスタッフとお客様の会話のきっかけにもなります。


「この洗面にはハンガーをかけられるハンガーパイプがついているので
室内干しもここでできちゃいますよ!」
「スツールを置けば座ってゆったりとお化粧ができます!」
などといった、細かい説明で1つ1つの部屋の使い方がわかりやすくなり、
お客様の滞在時間も自然と長くなります。

会話のきっかけになるホームステージングでの演出
他社との差別化が図れるホームステージング

お家づくりをスタートしようとしている方は、何社かの見学会に行き、
どの工務店なら納得のいく家が作れるのか比べます。

ホームステージングをしている見学会としていない見学会。
印象に残るのは間違いなくホームステージングをしている見学会です。

ディーシーエスでは家具や雑貨のコーディネートから搬入、撤収、
建築の写真の撮影までワンストップなので、
工務店様は普段の業務に集中したまま、なおかつ見学会を成功させることができます!

他社との差別化で受注へとつなげるホームステージングサービス、
ぜひご利用ください♪

竣工写真の撮影で大事な水平垂直

2020年01月20日

竣工写真でも同じ。歪んだり傾いた家に住みたいと思う人はいません

家を建てるときに工務店さんに要望を伝えますよね。

そのときに、傾いた家を建ててください。という人はいませんよね。また、少しくらい傾いていてもいいです。という人もゼロでしょう。

また、完成時にハウスメーカーや工務店さんから「すみません!ちょっとだけ傾いてしまいました」と言われたら「オイ、ふざけるな!」となるのは間違いないでしょう。

未だにありすぎる傾いた竣工写真

いろんなハウスメーカーや工務店さんのホームページを見ていると、未だに傾いたり歪んだ写真が多いことに気づきます。

プロの竣工写真家が撮影していればこれは無いですが、スタッフの方などが撮影した場合、どうしてもこうなりがちです。

これは仕方ないことで、写真においては傾きや歪みが「ダメ」だと言うことに気づいてないからです。

スタッフの方に、なるべく傾かないようにまっすぐに撮ってくださいね!と話すと「そうなんだ~!」と帰ってくることがほとんどです。

お客様は傾いた竣工写真を見て無意識に家をジャッジしている

では、お客様はどうでしょうか?実際の家は傾いているのは「あり得ない」と思っているのに写真では「この写真ちょっと傾いてます」と言われることはほぼありません。

なぜでしょうか?スタッフさんと同じように、写真ではこれがダメと言うことに気づいていないからです。

しかし、家づくりをするとき傾いた写真と、傾きをなくして「ビシッとした写真」ではどちらかを選ぶと言えば、間違いなく後者でしょう。

さらに無意識のうちに傾いた写真を見てどこか違和感を覚え敬遠するようになります。

写真1枚で、工務店の印象までジャッジされるのです。

ホームページやお客様に見せる写真は慎重に厳選されることをお薦めします。

1枚1枚の積み重ねが工務店さんのイメージを作り上げ揺るぎないものになると確信しています。

ホームステージングで目指すところ

2020年01月20日

ホームステージングの目的は工務店様の住宅受注を増やすこと

ディーシーエスでは今までに約400棟のホームステージングを行ってきました。

最初の頃は家具や雑貨があるだけで満足していただいていましたが、要望も増え、常にバージョンアップを繰り返しています。

弊社が行うホームステージングの目的は一つ。

工務店様の受注を増やすことです。

それを実現するために、今のトレンド、家具の選定、サイズ、色、雑貨の種類など、様々な検証を行い、修正を続けています。

リアルなホームステージング

今までは、夢のような非現実的な場所がトレンドでしたが、よりリアルな生活を想像できるホームステージングがお客様に選ばれる傾向になってきました。

・このバルミューダのトースター欲しかった!

・憧れの鍋や食器のある生活がしたい

なと、家を建てたい人は、頑張れば手に入る家や家具や家電を求めるようになってきたように感じます。

それに伴い弊社では、高級家電やキッチン用品などリアルな品揃え、他社との差別化を図っています。

ホームステージングは工務店様のイメージに直結します

これから人口が減り続ける日本。

しっかりしたイメージのある工務店が勝ち残ると感じています。

どんな家でも作れます!という工務店より、

この家しか出来ません。でも一番です。

という工務店様の方が魅力を感じてもらえるはずです。

そして、これだけインターネットが浸透した現在、お客様は工務店選びはより簡単になり、自分が欲しい家を作ってくれる工務店を容易に探し出すことが出来るようになりました。

家のイメージ、そしてそれを伝える写真。この重要性が高くなっているというより、そこが標準のゼロベースにすでになっていると感じます。

会社のブランディングにご興味があれば是非ご相談ください。

成功している完成見学会はココが違う!

2020年01月20日

モデルハウスを持たない工務店様にとって、完成見学会はこれから家を建てようという人に対してPRできる絶好のチャンスです。このチャンスを最大限に活かすためには、如何に来場者の感情に訴えかけ欲しい気持ちにさせるかがポイント。でも、具体的にどのような事をしているのでしょうか?

ホームステージングでライフスタイルを提案している

完成した家も家具が置いてなかったら生活は中々想像しにくいものです。ここにソファーを置いて、テレビはココと頭で考えてもらうより、本物を見せた方が何倍もわかりやすいですよね。こんなテイストでこんな暮らし方でとどんどん夢が膨らみます。また、こんなのあったらいいな、自分ならこうするのにと、すでに家を建てるならどうするかという様な、自分のお家が像を持ってただけたなら、お客様の家づくりは一歩前進です。
そして大切なのは手に入りそうと思ってもらう事。夢で終わらない絶妙なアイテムチョイスもキーの一つです。

家具や雑貨でライフスタイルを提案

見学会は見せるだけではなく、体感してもらう

ホームステージングされた空間は見るだけでも楽しいのですが、実際にソファーに座ってくつろいでもらい、そこから見える風景を自宅だと思ってもらう事や、キッチンに立って

どんな風に見えるのか、洗濯の動線を歩いてもらったりと、もしここが自宅だったらをたくさん体感してもらうことが大切です。
滞在時間が延びればお客さま要望や問題がたくさん聞けますし、工務店様の想いや強みを話すこともできます。

雑貨は滞在時間増大に貢献

見学会後、次回につなげる仕組みを持っている

現場ではかなり盛り上がります。来場したほとんどの方がわぁ~ステキ!と反応してくれるとたくさんの工務店様からうかがっています。ただし、会場を後にした時から気持ちは冷め始めます。印象が残っているうちに会える仕組みづくりが大切です。

ホームステージングをして飾ること+それを活かす作戦を立てて完成見学会という一大イベントを成功させてください!

カッコイイ!住みたい!と思わせる仕掛け。【ホームステージング】

2020年01月17日

カフェのようなオープンスタイルのキッチン。
ダイニングスペースを中央に持ってきたパーティー仕様のLDK。
無垢材をたっぷりと使った木のぬくもり溢れる寝室。

そんな素敵なお家ですが、どのお家もキッチン用雑貨、ダイニングテーブル、ベッドなど家具や雑貨があってはじめてそのお部屋のイメージが定着します。
家をつくるときにイメージするのは家具雑貨の入ったお部屋のイメージです。
だからこそ「あ、ここに住みたい」と一瞬で思わせるために必要なのは、そのお家のイメージにピッタリの家具や雑貨なのです。

雑貨のないキッチン
雑貨を飾ったキッチン

ディーシーエスでは、ホームステージングで「カッコイイ!住みたい!」をお客様から引き出すお手伝いをしています。

家を見て、カッコイイ!住みたい!と思わせるのが仕事です

北欧風のリビングに、プロヴァンスな雑貨や家具はちょっと合いません。
インダストリアルなお家に、北欧の家具はちょっと合いません。
そんなチグハグ、実はよくカンタンに起こります。
家具屋さんへ行って、あ!可愛い!と一目惚れしたテーブルをリビングに置いてみたら
床の色と全然合ってなかった…とか。
御祝いでもらったマッサージ機とか、昔の家の食器棚とか。
新築住宅を建てても、そのお家にあった家具や雑貨を全部揃えることは至難の業です。

でもやっぱり、揃っていたらより素敵に、カッコよくキマリます!
新築住宅の完成見学会。できるだけお家に合った家具や雑貨で揃えて、
「わ!カッコいい!」と思わせたいと思いませんか。

ディーシーエスのホームステージングでは、
素敵なお家をより素敵に、魅力的にする家具や雑貨を揃えています。

実際いくら?依頼はカンタン?ホームステージング

ホームステージングの依頼方法はお電話一本です!(お問い合わせメールでもOKです。)
まずは日にちを押さえていただき、その後撮影依頼書をご記入いただきご送付いただきます。
家具や雑貨を選定するために、図面や、パース、写真などを送っていただきます。
見学会で使われる場合は、見学会の前の日が搬入、撮影日となり、見学会の次の日が撤収日となります。
撮影用ホームステージングの場合は、1日で搬入、撮影、撤収まで行いますので、見学会などは行っていただけないのですが、家具雑貨を飾ったお家の写真は、施工実績やインスタ、フォトブックなど様々なシーンで使っていただける宣伝材料となります。

見学会用ホームスージングは230,000円+出張費20,000円です。
撮影用ホームステージングは180,000円+出張費10,000円です。※2020年1月現在

お家にあった家具や雑貨で魅せたかったイメージを実現してみませんか?
ホームステージングならディーシーエスにお任せください。

家具と雑貨を入れたホームステージング済のお家の完成見学会は盛り上がる!

2020年01月17日

見学会の会場をどんな風にすれば、見に来てくれたお客様も盛り上がるのか、次の訪問アポイントに繋がるのか、沢山のアイデアが色々な工務店さんで試されてきました。
子どもさんが遊べるスペースをつくったり、保育士さんに見てもらいながら親御さんにじっくり家の中を見ていただいたり、抽選会をしたり、ファイナンシャルプランナーの相談会を同時開催したり、A2ボードで家づくりの説明をしたり、プレゼントを用意したり。

もちろんすべて、効果のある方法ですが、弊社が一番お客様の盛り上がりを感じたのは、ホームステージングで家具と雑貨を飾ったお家の完成見学会です。

お客様も家具や雑貨で家づくりをイメージしやすく、そして家づくりで興味のある「インテリア」についても一緒にお話しできるので、気持ちも盛り上がります。

そんなホームステージングは、実際どうやって実施されているのかご紹介します。

ホームステージングのタイミングと家具雑貨搬入撤収の流れ

見学会の2週間前までに依頼をしていただき、
家具雑貨の搬入日と撮影日、撤収日を決定します。
撮影依頼書や案内図をお送りいただき、
搬入先の場所や駐車のご注意などもお知らせいただきます。
図面やパース、現場写真を送っていただき、それをもとにお家に飾る雑貨や家具をコーディネートします。
TVボードが造り付けのお家にはTVボードは持って行かない等、家具の調整もこの期間に行います。

見学会の前日に搬入と撮影をします。
土曜日、日曜日の見学会では搬入した家具や雑貨を
設置したままにしていきますので 完成見学会をそのまま行っていただきます。
見学会後の月曜日に撤収に伺います。

撮影した写真は7営業日以内にメールにて納品いたします。
チラシやインスタなどのSNSなど、自由に使っていただける竣工写真です。

ホームステージングをしたお家での完成見学会をご検討されている方はお気軽にお問合せ下さい。

チラシに家具雑貨の入ったホームステージング済の写真を使いたい!タイミングは?

チラシを印刷屋さんへ出すタイミングにもよりますが、
4週間前などに撮影する必要があるかと思います。
新築住宅ではなかなか難しいのですが、規格住宅や、建売住宅、マンション売買など、様々なシーンで使っていただいております。
入稿から折込センターやポスティング会社への持ち込み日までの期間が、長いのか短いのかなどもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

完成見学会でお悩みならぜひ一度ホームステージングをご検討ください!

住んだ後の暮らしを感じさせるホームステージング

2020年01月13日

ディーシーエスは、ホームステージングに携わって今年で6年目。
私、上村は入社して1年と8か月が経ちました。

ホームステージングにお客様が何を求めているのか、
見学会に来たマイホーム作りを始めようとしている人がなにを感じているのか。

そんなことを社内で話し合いながら、この1年8か月の間にも
ホームステージングの内容は少しずつ形を変えてきました。
今回は進化し続けるホームステージングへの取り組みについてお話します!

見学会に来るお客様は何を見て「暮らし」を想像できるのか

ディーシーエスを前から利用してくださっているお客様はお気づきかもしれませんが、
昨年からキッチンアイテムに「家電」を追加しました!
インスタやテレビ番組でもたびたび取り上げられ、人気の「バルミューダ」の家電です。
今まで候補に挙がっては消え、挙がっては消え、
ディーシーエスのホームステージングに家電がなかった理由は
「生活感がですぎるのではないか?」という疑問があったことからでした。

見学会に来たお客様は「炊飯器はどこに置こう?トースターは置けるのかな?」と
不安や疑問が残ったままになってしまいます。
それを解消してなおかつおしゃれな暮らしを想像してもらうために
人気のキッチン家電を置くことに至りました。

家電のないキッチンのホームステージング
キッチン家電を用いたホームステージング

「家づくりへの憧れ」を現実にするには?

いまや情報収集のメインはインスタグラムともいわれ、
実際に私自身も、旅行の計画を練るとき、友達と居酒屋に行くとき、
もちろんインテリアのアイディアを出すときにもインスタグラムを利用します。
お家づくりを始めようかな、、、と考えている人は
まずインスタグラムで、おしゃれなインテリアの写真を検索する方が
多いのではないでしょうか?

例えばインスタグラムで「キッチンインテリア」というキーワードで
検索した場合の人気投稿はこういった写真。

実際に暮らしているお家のキッチンの写真にはもちろん料理を作るための
電子レンジやトースター、炊飯器などの家電が写っていますよね。

今までのディーシーエスのキッチンコーディネートは
コーヒーミルやパスタマシーンなどをメインで置いていました。
もちろん日常生活で使うことはあるのですが、
そういったアイテムばかりではなんとなく「非日常感」がどうしても
出てしまっていました。

そこに家電を導入することで、
あるべき場所にあるべきものがあるホームステージングに!
炊飯器はここに収納して、トースターをカップボードに置くとこんなサイズ感、
などなど実際に暮らすうえでの重要なポイントを確認することができ
家づくりが現実味を帯びてくるのです。

「憧れ」で終わらない!手に届く家具や雑貨で暮らしをイメージ

ディーシーエスで使用しているアイテムは、
手の届かないような値段設定のものはありません。
実際にお家を建てたとき、こんなものに囲まれて生活したい!という
気持ちを高めていただくために、
「これお店やインスタで見たことがある!」を増やしていきたいと思っています。

お家づくりをスタートする方の気持ちを高め、
受注へとつながるよう、今後も進化させ続けていきます!

ホームステージングにインテリアが欠かせない理由

2020年01月13日

ホームステージングを利用した建築写真でアイキャッチ!

人の第一印象は最初の10秒ほどで決まり、
その印象をくつがえすのはとても難しいと言われています。

SNS、HPについても同じことが言えます。
ホームステージングを利用した、家具や雑貨が飾られている写真と空っぽの写真、
それぞれ別の工務店の写真がそんな風に並んでいたら
興味をひくことができるのはもちろん家具、雑貨が置いてある写真ですよね。

物件にとって「第一印象」は「物件そのものの印象」になってしまうほど
重要なものなのです!

ホームステージングで実際に生活するイメージが持てる

お客様が見学会に来た時に、家具などが何も置かれていなくて
「ここでどうやって暮らしていくのかイメージができなかった」ということがあります。

「ここは15帖です」と教えてもらっても、
不動産やインテリアのプロでない限り、そこでどんな暮らしをするのか、
どんな配置で家具を置くのか、なかなかイメージはできません。

そこにソファやダイニングテーブル、ベッドを置くだけで
「これなら3人掛けのソファが置けるね!」
「大きめのダイニングテーブルを置いてもこれくらいのスペースの余裕がある!」
と、生活するイメージがぐんと湧きやすくなります。

「この家ならこんな暮らしができそう!」という第一印象を与えられるように
演出できるのがディーシーエスのホームステージングです!

家具のない空っぽの写真

ホームステージングで暮らしをイメージさせる建築写真に!
家に合ったテイストで家の魅力を引き立たせる !

ただ家具が置いてあるだけでは、家は演出できません。
その家のテイストに合ったデザインや素材の家具が置いてあることによって
その家の魅力を引き立たせることができます。
ディーシーエスでは様々な家に合わせられるよう、
様々なテイストの家具・雑貨を用意しています。

人気のインダストリアルや北欧、フレンチカントリーや和モダンなど、
1棟1棟コーディネートし、その家にマッチするインテリアを準備します。
「見学会のためにただ置いてある家具」ではなく、
「おしゃれな人が住んでいるおしゃれな家」という第一印象を
見学会に来た方に持ってもらえるよう、
インテリアや雑貨も随時増やしています!

工務店のイメージアップに建築写真は絶対必要

2020年01月12日

インターネットの普及で家を購入するための情報は溢れています。いろいろなハウスメーカーや工務店がひしめき合う中、ホームページに訪れた瞬間、TOPの写真一枚で「ステキ!」と思わせられるかが勝負です。お客様の工務店選びにはビジュアルの良し悪しが大きく影響します。

建築専門のプロカメラマンが撮る写真はここ違う

建築写真は設計者の意図や家の使い方を理解していないと良い写真は撮れません。
誰がメインの様に使う場所かで最適な画角は大きく変わります。
例えばリビングはソファーに座った目線で、ダイニングはイスに座った目線。キッチンは立った高さ、和室は畳に座った高さでと、その場面に応じた画角で暮らしを実感できる写真を大切に撮っています。

リビングの高さ
ダイニングの高さ
キッチンの高さ
和室の高さ

ホームステージングでライフスタイルとこだわりを表現した建築写真に

ホームステージング

家具や雑貨が入った暮らし方が見える写真は何も置いていない空間写真と比べると、一気に魅力が増します。ディーシーエスでは施工事例や完成見学会で絶大な効果を発揮するホームステージング(家具・インテリアレンタルサービス)を行っております。お客様に新しい家での生活を想像していただき、家づくりの一歩を踏み出していただきたいと考えております。

建築写真は活用してこそイメージアップの力を発揮します。

ホームページや自社パンフレットはもちろん、InstagramやFacebook、PinterestをはじめRoomClipやHouzzの様な住宅系SNSなど、載せられる所にはどんどん活用して自社ブランディングのキーにしてください。建築写真は撮っただけでは価値はありません。 使ってこそその真価を発揮します。

その一枚の建築写真があたなの会社のイメージを決めるのです! 渾身の一枚でお客様の「住みたい」を勝ち取りましょう。

注文住宅の完成見学会に最適なホームステージングとは?

2020年01月10日

注文住宅はお施主様のライフスタイルに合わせて工務店様と打ち合わせを重ね、考え抜かれて出来上がった家です。実際に住む家ですから、機能性とデザイン性と価格のバランスがよく、これから家を建てようという方にとっては参考になる部分が多いのがポイントですね。そのお家をホームステージングで演出し「手に入りそう」を感じさせられたら、間違いなく欲しい気持ちは加速します。注文住宅のためのホームステージング術をご紹介します。

注文住宅用ホームステージングのこだわり「家具雑貨の質にこだわる」

せっかく家具を置いてもチープすぎるものは家自体の印象もチープなものになってしまいます。ディーシーエスのホームステージングは家具の本場、九州大川市の関家具様と連携しています。インダストリアル系には絶大な人気を誇るクラッシュクラッシュプロジェクトやナチュラル北欧系にはNOWHERE LIKE HOMEをと高品質で手が届きやすい家具を中心にコーディネートしています。

注文住宅用ホームステージングのこだわり「サイズ感にこだわる」

このぐらいの広さの部屋にこんな風に家具を置くとこんな感じなんだね。と、サイズ感を体験してもらうことで圧倒的に現実感は増します。そして見てもらうより佇んでもらうこと。ソファーに座って寛いでもらったり、ご家族でダイニングに座ってもらったり。ステージングの家具は座っていただいて構いません。空間を実感していただくのが一番です。

注文住宅用ホームステージングのこだわり「お家のこだわりポイントにこだわる」

施主様と工務店様の小さなこだわりも見逃さずステージングします。こんな使い方便利ですよねを説明できる小物を取り揃えています。
例えば…

・玄関収納の傘かけ
・家事室の使い方
・クローゼットの収納の仕方

百聞は一見に如かず。使い方が説明できるステージングで滞在時間もUPします。

感情を動かす仕掛けのあるホームステージングで完成見学会を注文住宅ならではの「手に入りそうな家」見学会にしてください!