BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

顧客満足への道

2019年02月19日

今年の冬は雪も少なく暖かいですね!
暖かさのせいで、先日居酒屋にコートを置いてきてしまい自前のコートで寒さを乗り切っている小林です。
 
さて、今回は顧客満足と制作業務について考えてみたいと思います。
先日、社内である制作物を作成した時、スタッフよりクレームがでました。
女性目線になっていない、準備不足。と。
スタッフから経営者にこんな声をかけてもらえるのも、風通しの良い会社と前向きにとらえましょう。
 
考えてみればまさに言われた通りで、住宅を販売するコマーシャルで女性目線を考えなかった。というより気がつかなかったというのが本音で、逆にちょっと満足していた自分が情けないというか・・・。
 
いつもスタッフには顧客満足を徹底!と言っているのに完璧な準備もできず、もっとみんなの意見を聞けば良かったと思いました。
さっそく会議をし、今後はみんなで考えて足りない部分を補おう、時間がなくても全員協力し最高の制作物をお客様に届けよう!という方向で落ち着きました。
 
顧客満足。なかなか難しいです。
お客様それぞれの思いや、視点、持っている知識があります。
しかし、間違ってはいけないこと。
それはお客様それぞれの満足到達点で制作をしてはいけないんです。
ディーシーエスが目指す到達点は、全工務店様が目指している「住宅受注の獲得」なのです。
デザインは最高でも受注できないチラシや機能満載でも受注できないホームページ。画質は最高でもお客様の心に訴えない写真など。
間違い無いのは、納品時に満足しても受注ができなければ不満になります。
無駄金を使ってしまったと。
 
ディーシーエスは「受注できる制作物」だけを目指し工務店様に提供していきたいと考えています。
それには日々、世の中の動きをキャッチし、マーケティング調査をし、トレンドの中の本質を見極め、いろんな年代の人の考えを聞き、最速で最高の技術を持つために鍛錬し、工務店様の受注が0.1パーセントでも上がるよう考えに考え最良の製品をリリースすること。
この繰り返しによって工務店様とディーシーエスが共に成長していけるのだと思います。
 
工務店満足とディーシーエスの労力は反比例します。
逆にいうと、制作段階で苦労すればするほど工務店様の満足度が上がる。
ということです。薄っぺらい制作物ではダメなのです。
心に突き刺さる制作物で受注に導く制作物が必要です。
限界まで考え、最高の製品を納品し受注に結びつけることがディシーエスの使命なのです。
 
 
今回のことで思い知らされたことでした。反省!

働く意味を決めました

2019年02月15日

一昨日、中学校の子どものバレークラブの手作りTシャツが届きました。
最近いろいろと挑戦してみよう!という気持ちの河合です。

いつも企画や制作物というのは仕事でのみ行っているので
プライベートで時間や納期もない中で進めるというのがとても新鮮で、
初心に戻る、といいますか、
「そもそも制作って何のためにあるのか」という部分を
考えることができる良い機会でした。

といっても平日は忙しく、家でPCを開く時間がないので
金曜日の夜にオーダー、土曜日の午前でデザイン10点出し。
みたいなハードスケジュールでしたが、とても楽しかったです。

このTシャツですが、

“なんのために作るのか”

をまず話合いました。
親が作ってあげたいから、なんとなくモチベーションがあがるからとかで作ってしまうと、
「なんとなく出来てきたのを着させられてる」という風になってしまうんじゃないかなと。
しかも「気に入らないTシャツを無理に着なきゃいけない」とかだと
むしろ願いの逆効果になっちゃうんじゃないかなって。

みんなの願いは、コートの中に居る6人が、
「エースに上げればアタックを打ってくれる!」
「ここから助走していけば良いトスが来る!」
と、仲間を信じたバレーができること。

今はコーチから
「おまえらはコートの中に敵が居るのか」と言われる状態。

でも、このオリジナルTシャツ作りを通して、
少しでも仲間同士の絆が深まればいいよね。
というところから、
まだまだ子どもだけですべてを決めることはできなかったけど、
背中の文字、Tシャツの色、フォントの色は
全員で話し合って決めてオーダーしてもらいました。

前面のロゴは、スパイクしているイラストのオーダーでしたが
レシーブとトスをしている人に変更。
「私は私の仲間を信じる」という英語もプラス。
あと、左胸にあることで、右手をぐっと中に入れるポーズをしたときに
トンとそこに手があたり、「いつも仲間を信じる心」を思い出せるように。
そんな想いも込めました。

“仲間を信じる心をもってボールを繋いでほしい”

出来上がってきたTシャツを着た子どもの、
なんだか嬉しそうにはにかんだ笑顔を見たときに
ああ、このために制作ってあるんだなって思いました。

製作物が出来て、それが誰かの笑顔に繋がる。
規模や目的が違っても、一番はじめのその気持ちは同じ。

“制作で人を幸せにする”

というのを私の仕事をする上の気持ちのテーマに決めました。

それが叶うこの職場で働く日々と時間を
もっともっと大切に、真剣に過ごしていきたいと思います。

家を建てたい人の気持ちは家を建てた人に動かしてもらいましょう!

2019年02月13日

撮影部の小池です!

最近全国的にインフルエンザが大流行しているようですが
みなさんの周りにはインフルエンザにかかっているような
人はいないでしょうか?

最近弊社のスタッフにインフルエンザ予防には紅茶を飲むといい
と教えてもらいい、最近毎日家で紅茶を飲んでいるおかげか
今シーズンまだ一度もインフルエンザにかかっていない小池です。
(ちなみに普通の風邪は引きました。)

また風邪の予防は気温ではなく湿度を気にしたほうがいいらしいですね。

私は「これがいいよ!」と教えてもらうとすぐに信じこんでしまうので
アロマ加湿器を我が家に購入しました。笑
(そのうちあやしいツボとか買ってないか心配です。笑)

しかし、、、

我が家では猫を3匹飼っているのですがアロマ加湿器を付け始めてから
猫たちが家のあちこちでくしゃみをするようになりました。

猫は生活環境のちょっとした変化に敏感に反応するので
なにか猫にとってあまり良くないのかもしれません。泣

特に私の部屋に入ってこなくなり部屋のまえであきらかに
臭いものでも嗅いだかのような態度をしてくるので、
早々にしまわないといけなくなりそうな小池でした。笑

なにわともあれみなさんも風邪やインフルエンザなどには十分に注意してくださいね!

さて今日もしっかりみなさんの為になる情報をお届けしたいと思います。

最近広報や宣伝に特に力を入れてらっしゃる工務店様、建築会社様で
とても人気なサービスがあります!

それは「お客様インタビュー撮影」です!

本当にタイトル通りのサービスなのですが 笑

実際にお家を建てられたお客様のもとに私たちがお伺いし、
インタビューという形で
お客様が家づくりをしたことで、嬉しかったことや、工務店様とのエピソードなど、
第三者しか聞くことができない生の声をプロのインタビュアーとライター
が形にするというサービスなんです。

今後家づくりをする方がどのようなことを気にされるのか
そういった傾向を弊社でまとめあげているので
工務店様や建築会社様が次のお客様に伝えたいことがしっかりと
ひきだせるようなシステムになっています。

さらにさらに!

私のようなカメラマンも同行するのでお施主様がお住まいになった後の
竣工写真も撮影できます。

実際にお施主様をモデルにした撮影もできますので
より生活感のあるリアリティある写真が撮影できます!

モデルが入っている「リアリティある写真」と「プロのインタビュー」

それらが次のお客様になる方への説得力ある営業ツールになるということです。

雑誌などでしか見かけないようなそんな完成された媒体が
「ホームページ」「SNS」「チラシ」「フリーペーパー」
様々な媒体で使うことができます!

一度インタビューと撮影をしてしまえば今後どのような媒体に何回でも
その記事や写真を使うことができるので雑誌社やWEB制作会社との
わずらわしいスケジュール調整ややり取りも必要ありません。

住宅営業にお困りの方には特に試していただければと思います。

お施主様の生の声が次のお客様への営業になります。

さてさてそんなサービスですが

「お高いんでしょう?」

と、(某)通販番組のようなお決まりの掛け声が聞こえてきそうですね 笑

「なななんと!!」
「今回かぎり!!」
「特別大値引きで!!」

とはいきませんが 笑

撮影費込みで100000円(税別)となります。

通常の撮影費が49800円ですからとってもお得なサービスとなっています。

お客様、お施主様の声は工務店様、建築会社様の財産になります。

是非この機械にお試しください!

さてさてまたも長くなってしまいましたが、
まだまだ寒い季節が続きますので冒頭でも書きましたが
体調にはくれぐれもお気を付けください。

それでは最近筋トレをしすぎて周りからすこし引かれている
撮影部小池でした!

(もはやなにをめざしているのか自分でもわかりません)

健康診断を受けました!

2019年02月01日

こんにちは!
インフルエンザの猛威にビクビクして毎日を過ごしている瀬上です!
去年の今頃は子供達がインフルエンザにかかってしまい、スタッフの方には大変なご迷惑をおかけしてしまったので「今年は絶対にかからないように!」と予防に力を入れています!
その成果もあってか今のところインフルエンザにかかっていないのですがまだまだ油断はできないですね!

さて、先日会社で健康診断を行いました!年齢や性別によって受ける項目が違うのですが、健康診断まで断酒する方や少しでも体重を減らそうとする方などそれぞれみなさん気を遣ってみえるみたいです。
お昼休みにどんな検査だったとかこれがドキドキしたとかカワイイ看護婦さんがいたとかいろんな話をしましたが、健康診断が終わるとみなさん心なしか安心しているように思います。(結果が来るまではドキドキですが・・・)

実際結果が出てみると「えー!!ちょっとお酒やめただけじゃダメなんやね」とか「もうちょっと運動しないとね!」とか「食生活を見直そう!」とかいろいろ思い知らされることが多いようです。
何事も地道な努力が必要だという事のようですね。

健康器具の話とか加圧シャツは凄いとか主婦のような会話ですが、こんな風にお昼休みに話す何気ない会話って楽しいひと時でもあるんですが、大切な時間だと思います!前に浅野さんがブログにも書いていましたが、そこでまたスタッフのチームワークもよくなると思います!

お昼休みにいっぱい食べていっぱい喋ってまた午後からの仕事頑張りたいと思います!

「大野くんの夏休み」

2019年01月30日

2日も休みをもらった小林です。
 
テレビを見ていたら突然飛び込んできたニュース。
「嵐活動休止」
日本のトップを走るアイドルグループだけにその衝撃は大きく、日本中を震撼させましたね。
記者会見に出てきた五人は明るめの爽やかな衣装で、よくあるダークスーツに笑顔なし。という感じは全くなく、終始笑顔の会見になりました。
 
原因はリーダーである大野くんの
「一時立ち止まって時間にとらわれず好きな事をしたい」
という理由でした。
20年もの間トップを走り続け、背負っているプレッシャーも想像を絶するものだったんだと思います。
しかし、これだけ日本中を巻き込んでいる怪物グループが一人の「好きな事したいからやめる」これは無いな〜と最初思いました。
 
しかし、他の4人のメンバーは大野くんの気持ちを受け入れ、活動を一時休止するという結論に達し納得しているのには本当に驚いたというか、凄いな〜と思いました。
 
男5人が集まって20年もこの絆を保ち続けるってまさに奇跡としか言いようがありません。
櫻井くんが言っていた
「1人の意見で嵐の将来は決められない。また、4人の意見で1人の将来も決められない」
お互いを尊重しあい、絶大な信頼関係があるんだと思います。
 
続けて
「5人の気持ちの着地点を何度も話し合って決めた」
は、譲り合う気持ちを全員が持った証ですね。凄いグループです。
 
さて、ディーシーエスはというとなかなか話し合いの場を設けるどころか、経営者はスタッフの意見にも耳を傾ける事が出来ず、気持ち一つに目標に向かっているとは恥ずかしながら到底言えない状況です。
 
嵐の会見で世の中の人の意見は「それでも応援したい」がほとんどで、その証拠に会見後10万人もファンクラブの会員が増えたそうです。
 
仕事において、お客様に対しいくら外面が良くても、本当に経営者を含めスタッフ全員が信頼関係の中お客様に接してこそファンになって頂けるんだと感じました。
 
厳しい中にも全員の成長や幸せを皆んなが思い、ディーシーエスを作って行かなければいけないと痛感した出来事でした。
 
「大野くんの夏休みって事にしておこう!その方がほっこりするから!」
ファンが言ったこの言葉こそ全てを表してるなと思いました!
 
嵐のようなディーシーエスを
嵐のようなディーシーエスにしたい
 
何のこっちゃ?

継続は力なり・・・を信じて!

2019年01月25日

乾燥するこの時期、うちのわんこの肌荒れがひどく長い毛をカットして、毎朝晩プレミアムニベアとお薬で保湿しています。

私も寝る前には顔いっぱいクリームを塗りたくっていますが、朝起きるとかっさかさになって潤いが保てないお年頃の浅野です。

こんにちは!

 

さて最近のディスプレイ状況はといいますと、

上村さんのブログでも紹介されていましたが新しい雑貨や家具が増え、振り分け、梱包作業、システム化を倉庫にて行っています。今年は暖冬なので冷え込む倉庫内の作業も苦痛なく進んでいます。暖冬の影響より脂肪がダウン代わりになっているかもしませんが、、、

 

時間をかけて厳選した雑貨や家具にはとても愛着があり、きれいな状態でお客様にご利用していただきたいので傷がつかないよう梱包も工夫しています。

スタッフさんにも協力してもらい、不要になった布を集め梱包材料にしています。

 

 

 

 

現状のディスプレイ内容に満足することなく甘えることなく、より良いディスプレイを目指し今後の課題の割り出しをして(搬入搬出方法・商品管理・クオリティ向上などなどに)取り組んでいるところです。少しずつでも改善、継続していく事がきっと大きな結果に繋がると信じてコツコツじみ~にやっています!

 

最近では福井県、静岡県など遠方のお客様も増え、来週は全日撮影とディスプレイが入っておりとてもありがたいことだと感じています。

 

先日は知多でディスプレイがあり、スタッフさんがお土産に旬のいちごを買ってきてくれました!

チームワークと日々の努力の積み重ねで、よりいっそうお客様に喜んで頂けるディスプレイサービスを探究していきたいと思います!

iPhoneXs買いました!

2019年01月18日

こんにちは。お正月明けから熱で会社をお休みした河合です。
子どもが「すごく喉が痛い」というのでうつったのかと思いましたが、
なんと花粉症と診断されました。
意外すぎて全然思いつかなかったんですが、
熱がでなかったので良かったです。

さて、このあいだiPhoneXs買いました。
一番の目的は「写真」。

ポートレート機能というのがついていて、
一眼レフのように後ろをぼかした写真が簡単に撮影できます!
しかも、あとから編集でぼかし具合を変えられるというのもすごいですよね。

みんな「これあったら一眼いらんじゃん!」なんて言ってます。
カメラマンが肯く機能!さすがiPhoneです。

ちょうど浅野さんがディスプレイの子ども部屋の家具を作っていましたので
撮影してみました。

後ろがぼけてるとそれだけでなんだか良い写真に見えますね

上村さんも本棚を作っていましたので、撮影。
被写界深度(ぼかし)をあとから変えた2つを並べてみます。


いかがでしょうか。
やっぱりぼかしをいれてる写真の方が私は好きです。

あ、なんかいい!と思える写真が
手軽に撮影できるようになったので、これからもどんどん撮影してきたいと思います!

ただこのポートレート機能は、2.5m以内の物にしか使えないので、
接写が基本です。
広範囲のものは撮影できないので、
家の写真の場合はやはり一眼レフと、カメラマンの腕が必須なのかなと思います。

最近インスタグラムで、写真をアップしながら
お客様にお家づくりを伝える工務店さんがとても多くなってきています。
インスタグラムで写真を見つけて、それをLINEで担当の方に伝えながら
家づくりを進めた、というお客様のお話もよくお聞きします。

家づくりを伝える一番のツールはやはりお家の「竣工写真」ですが、
インスタグラムでも、「写真の良さ」が求められる時代になってきたんですね。

雑貨、家具を揃えた写真
暮らしているの様子を見せている写真、動画。
それが家づくりをPRするとても良い営業ツールになっている時代です。

また数年後は、もっと別のツールにうつっていくかもしれませんが、
いまはこのブームにのっかって、良い写真をたくさん営業ツールにしていけるといいなと思います。

 

 

A HAPPY NEW YEAR !

2019年01月17日

あけましておめでとうございます!

正月太りは解消できていますか?

なかなかやる気が起きない、まだまだ正月ボケの上村です。

 

上村家は年越しを家で過ごしてから除夜の鐘を近所のお寺に

つきに行くことが恒例なのですが、最近覚えたてのスケボーでお寺まで

行く途中にこけて新年早々大きいあざを作ってしまうという

なかなかわたしらしい新年の迎え方でした。(笑)

 

お正月から少し時間は経ってしまいましたが、

皆様のお正月休みはどんなものだったでしょうか?

 

話は変わりまして、ディシーエスでは昨年末から新しい雑貨や家具を

集めるために家具屋さんに行ってお話させていただいたり、

雑貨の問屋さんと契約させていただいたり、と様々なことに取り組んできました。

 

お家1棟で持っていかせていただくのは、大き目の衣装ケース約10個。

ケースは「キッチン雑貨」や「造花」「水回り」などなど分類わけして

ケースがパンパンになるくらいに詰まっています。

(その量の小物を集めていくのが実はすごく時間がかかることなんです!)

 

やっと揃えることができ、先日初めて新しいものだけでディスプレイをさせていただいたのですが、

我が子が手から離れて独り立ちするのはこんな感じなのかなあと思うくらいに

ドキドキ不安で、でもしっかりとそのお家での役割をはたしているのが感じられて

感動してしまいました!(笑)

 

コーディネート担当として、自信を持って皆様にお届けできるよう

2019年も猪突猛進!していきたい年女の上村でした!♪

写真はお正月休みに見に行った静岡県の白糸の滝!

「これがマイナスイオンか、、、」と思うくらいに空気が違っていました!

富士山もどどーーーん!

富士宮市はどこにいても富士山がすぐそこにあって付いてきているような感覚になります(笑)

ホームステージング市場

2019年01月13日

 
新年明けましておめでとうございます。
1月6日に毎年恒例の伊勢神宮参拝にいって、願い事をしすぎてしまった小林です。
 
 
「ホームスステージング」という言葉を知っていますか?
建築業界の方でしたら知っている人も多いんではないでしょうか?
 
ホームステージングとは新築住宅やマンションの完成時に家具や雑貨などをディスプレイするサービスです。
弊社でも5年ほど前から中部を中心に「ディスプレイサービス」という名前で取り組んできましたが、特に最近需要が多くなってきたと実感しています。
 
 
このホームステージングは現在関東圏で大きな動きが始まっています。
本来、見学会やマンションの内覧時には家の良さを見ていただくため、完成したそのままの状態で行うことが普通でした。
しかし現在では家づくりの技術や性能が上がり、どこの工務店様もオシャレで性能の良い家を作るようになり購入判断が難しくなってきているのが現状です。
 
インターネットやスマホが普及した現在、家を建てようとする人は様々な工務店をクリックひとつで渡り歩ける時代になりました。
 
わざわざ一社一社訪問してカタログをもらって・・・。ということは無いと思います。
 
結果インターネットによって候補となる建築会社は絞られることになります。
 
そこで「ホームステージング」。
オシャレな家具や雑貨で家はもちろん「オシャレな生活」も見て頂こうというのが狙いです。
 
内覧会やホームページなどのメディアを通し
「こんな家に住みたい!」
「こんなオシャレな物に囲まれて生活したい!」
「とにかく素敵!」
と思ってもらうことにより建築会社のブランディングイメージが上がり、家づくりの候補に残ることができるのです。
 
話を戻して関東。
最近では、新築マンションやリノベーションマンション、賃貸マンションなどもホームステージングをすることが多くなってきています。
そのため、ホームステージングを行う業者の数も増えているのが現状。
賃貸や分譲住宅の場合は一ヶ月〜三ヶ月程度のレンタル期間を設け、その間に借主や買い主を探すことになります。
 
メリットは
1、空室対策 稼働率を向上させることができる。
2、売れ残り住宅をなくし、時間とともに価値が下がる分譲住宅を早く販売することができる
 
現在関東ではこのホームステージングが急速に広まっており、関西、中部にも間違いなくこの流れが来ると確信しています。
人口減による住宅着工数が減り続けているなかで工務店様が生き残っていくためには今後必須のサービスだと考えています。
 
すこし堅い話になってしまいました!

2019年の年男のご挨拶

2019年01月11日

新年明けましておめでとうございます!

撮影部で今年年男(24歳)の小池です。

いよいよ2019年がスタートしましたね!

小池はといいますと新年早々から全国各地を撮影で飛び回っております!

昨年末は見学会需要でたくさんのお客様にディスプレイサービスを
ご利用いただきおかげさまでまたきもちよく新年を迎えることができています!

さて毎回ブログを書くたびに冒頭の挨拶にどのようなユーモアを
盛り込んでいこうか色々考えるのですが、、

なかなか面白いことが考え出せずにいつも頭を悩ませています。

そこで小池の今年の抱負は

「読んだ人がフフッと笑ってくれるようなブログを書く」

にします!!

ということで!

ブログを読んでフフッとなったかたは小池面白かったよと
コメントをいただけると嬉しいです!!

決してそこからセールスになったりしませんので
みなさんお気軽にコメントやお電話をください!!

決してセールストークはしません!

ほんとですよ?

ディスプレイサービスの良さとかインスタグラムの活用方法とか
そんな話しは決してしませんので!!

お気軽にご連絡ください…

はい笑

↑のようなユーモアをまぜながらもしめるところはしめるといった
具合で今年もお仕事に取組んでいきますので皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ということで

今回も長い長い前置きが済んだところで

みなさんに役立つ知識をお伝えしたいと思います。

今回は題して写真を起点とした集客についてお話できればと思います。

そもそも建築写真はなんのために撮影をして施工実績として残していくのか
それは建築会社様、工務店様、各会社によって定義はまちまちかと思います。

当然ながら私どもにも建築写真の定義があります。

それは

「次の集客につながる写真を撮る」

ということです。

ズバリ!

撮影した写真は使ってナンボ!

ということになります。

もちろん撮影したお写真をフォトブックにしてお施主様への
記念のプレゼントにする。
または見学会開催のお礼にするというのもとても素敵なんですが
やはりそれだけではせっかくの写真がもったいないような気がします。

撮影した写真をホームページやSNSなどまた新たにお施主様になるかたに
お伝えしてこそ写真の価値は高まるのだと思います!

私たちも工務店様。建築会社様がご都合に合わせて写真を使えるような
サービズをたくさん設けております!
チラシなどの紙媒体で集客だけでなくWEBやSNSなどのインターネットでの
集客にも特化しています。

現在のビジュアル需要の高まりに合わせて建築写真の重要性もとても高まっています。

新しいお客様によりよいお家を提供していただくために、
建築写真から始める集客ご提案していますので
お困りごとなどがありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

ということで2019年ますますの皆様の繁栄に貢献できるよう
弊社一同邁進してまいりますので変わらぬお引き立てをよろしく
お願いいたします!

以上撮影部小池でした!

1 2 3 4 5 6 24