BLOG

ホームステージング、家具や雑貨を搬入するまでの道のり②

2020年02月21日

ホームステージングは初めて、という方も
他のステージング会社で利用したことがある、という方も
お家に家具や雑貨を設置するまでにどんな過程があるのか、
知らない方がほとんどだと思います。

前回はアイテムの選定から設置するまでをご紹介しました。
今回はコーディネートから搬入するアイテムを決定するまでの
過程をご紹介いたします!

図面や現場写真からお家のこだわりを見極める

ご依頼をいただいたらまずはお家の図面や建具などの資料、
現場写真を送っていただきます。

コーディネーターがそれらの資料を隅々までチェックし
図面から読み解けるお家のこだわりを確認します。
例えばニッチの場所、造作カウンターの場所。
なんのためにこれを作ったのか?ということを考え、
大まかにアイテムを選出していきます。

お部屋のサイズと家具のサイズのチェック

ディーシーエスでは様々なテイストとサイズの家具をご用意しています。
家具のサイズがお家に合うよう、
細かく図面をチェックしてサイズが合うかどうか確認していきます。

またリピーターのお客様には、お家に合うのはもちろん、
毎回新鮮な気持ちで利用していただくため、
なるべく前回と違う家具を選んでいます。

担当の方にヒアリングをし家のこだわりを最大限活かすコーディネートの決定

おおまかな家具の選定をした後は
担当の方とお話しながら 図面から読み取れない部分を
ヒアリングし、さらにコーディネートの内容を詰めていきます。

家のこだわりを1番知る担当の方とお話しすることで
最大限家の良さを引き出す方法を考えていきます。

また担当の方の「ここはこういうものを置いてほしい!」
「ここの使い方はこうなのでこうしてほしい!」を
きかせていただき、参考にすることでお家のこだわり、機能性などを
伝えていけるようコーディネートの決定をします。

そのお家にとって一番いいコーディネートで
これからお家づくりをする方に魅力が伝わるホームステージングを!

ホームステージング、家具や雑貨を搬入するまでの道のり①

2020年02月18日

一棟一棟のテイストや雰囲気に合わせた家具、
そのお家のこだわりを、より引き立たせるための雑貨。
ディーシーエスではアイテムにもこだわりを持って
ホームステージングサービスを行っています。

今回はご依頼いただいたお家に家具や雑貨を搬入するまでの
工程を紹介したいと思います!

テイストやサイズに合わせた家具・雑貨の選定

まずは家具・雑貨の選定です。
お客様が見て「素敵!」と思えそうなものはなにか、
工務店様にとって見学会に置いてあったら役に立つ!そんなアイテムはなにか。
そんなことを意識しながら様々な種類のアイテムから選んでいきます。

例えば、1番新しく仲間入りしたのがバーミキュラのライスポット。
お家によってはキッチンのカップボードに炊飯器を置くことを想定した
スライド式の収納がついています。
そこに炊飯器が置いてある、そうすると見学会に来たお客様や
写真を見た方がなんの違和感もなく「ここは炊飯器を置く場所なんだ」と
理解することができます。
見た目も機能性にも優れたバーミキュラのライスポットは
テレビやInstagramでも話題になっており、知名度も高く
見た方にも伝わりやすいのでチョイスしています

お家を傷つけないための養生作成

アイテムを購入したら、次に取り掛かるのが「養生」をつける作業です。
アイテムを置いたとき、こだわりのお家に傷をつけてしまわないため、
1つ1つにフェルトタイプのシートやチェアソックスなどを
お家に触れる部分に付けていきます。

お家を演出するためのホームステージングで
お家を傷つけてしまっては元も子もありません。
安心してホームステージングサービスをご利用いただけるよう、
最大限の配慮をしています!

コーディネートしたお家へ搬入・設置・撮影

養生をつけ、万全な状態になったらやっとお家への搬入です!
キッチン家電もお家の雰囲気やカップボードの色に合わせて
コーディネートをしており、そのお家によって変えています。

今回はホワイトのシンプルなカップボード。
キッチンの使い方が、説明がなくてもわかるよう
ライスポットを置かせていただきました。
今後もあったらうれしい、そんなアイテムを増やしていくので
小物にも注目してみてくださいね!

洗面のホームステージング、コーディネート例

2020年02月14日

奥さまは絶対気になる洗面スペース。
ゆっくりメイクができたり、洗濯の動線が少なくわかりやすかったり、、、
そんなお家のこだわりを、説明なしでも理解できるような
ホームステージングを心がけています。

今回はそんな洗面スペースのコーディネート例をご紹介します!

「洗濯がここで完結する」を視覚的に説明

広々としたランドリールーム。
洗濯をして、干して、アイロンをかけて、
左奥にあるウォークインクローゼットへしまう。
そんな動線を視覚的に説明するため、

・柔軟剤や洗剤のボトル
・アイロン
・ハンガーやTシャツ
・洗濯かご
・アイロンをかけるときのスツール

などを設置しました。
パッと見ただけで「使いやすそう!」がわかりますね♪

洗面台の使い方や収納力を伝えるアイテム

家族みんなが使う洗面台は、家族分のケア用品やタオルなど
使いやすいのはもちろん収納力が気になりますよね。

ここでは、
・鏡の裏に収納スペースがある→化粧品やボディケア用品
・タオルかけがある→タオル
・タオルやハンドソープをストックしておけるスペースがある
 →タオル・ストック用のケース
・ソープディスペンサーや歯ブラシ、タンブラー

を設置しています。
洗面台の大きさや使い方によってアイテムや
アイテムのボリュームを調整しています。

使い方がイメージしやすいお風呂のステージング

もちろんお風呂の中にも、暮らしをイメージできるアイテムを設置します。

ここでは
・シャンプー・リンスのボトル
・ボディブラシ
・タオル
・造花

などを設置して、実際に暮らしたときの使い方のイメージを
分かりやすく伝えます。
また写真においても、ミラーの大きさ、ボトルを置く場所のサイズ、
窓の位置やサイズなどが1枚の写真でわかるよう撮影しています。

「あるべき場所にあるべきものがある」
そんなホームステージングを心がけています!

キッチンのホームステージング、コーディネート例

2020年02月05日

見学会に来られた奥さまが気になるのはやはりキッチン!
料理に必要な家電がすべて収まるのか、
家族みんなの分の食材をストックしておく場所は十分にあるのか?など
かなり真剣に考える場所かと思います。

何も置いていないキッチンでそういった話をするのは
説得力に欠けますし、なによりイメージがしにくく
「いまいち話が盛り上がらなかった、、、」なんてことも。

今回はキッチンのコーディネート例を紹介します!

キッチンに置くもので「憧れの暮らし」を分かりやすく!

見学会に来られた方にお家づくりをより現実的に、
それでいて憧れを感じてもらうのには「キッチンに何が置いてあるのか?」
ということも重要です。

例えば、キッチンに
コーヒー豆やコーヒーミル、ドリッパーのセットが置いてある。

もちろん日常的にコーヒーを挽いて飲む方もいるとは思いますが、
なかなか忙しい毎日の中でそんなゆとりはありませんよね。

しかし見学会や写真でこのキッチンを見ると、
「こんな暮らしがしたい!」と一気にわかりやすく、
イメージが付きやすくなります。


収納力や使い方がパッと見ただけでわかる!

何も置いていないキッチンでは、
たとえそこがその家のメインのこだわりポイントだったとしても
「わあ、すごいね」で終わってしまいます。

実際に物が置かれているのを見て、
「まだまだ入りそう!」「家電を置いてもこんなに余裕がある!」と
実感できるのです。

ディーシーエスではどんなキッチンにも対応できるように
様々なテイストのキッチンアイテムを数多く取り揃えております。

「実際に暮らしたとき」をイメージさせ、不安が消える!

「キッチンの使い方はわかったけど、
 食材はどこに保管しておけばいいんだろう?」
など、「憧れ」の次には「現実」への不安を取り除くことが必要ですよね。

ディーシーエスでは 実際住んだ時の収納力や機能性を伝えるため
パントリーにも実際の食材や調理器具を飾っています。

「棚の高さが変えられるので入らない!なんてこともありませんよ」など、
1つ1つの不安や疑問を解決することで
受注へとつながるのではないでしょうか。

リビングコーナーのホームステージング、コーディネート例

2020年02月05日

家での大半の時間を過ごすリビングは
その家のこだわりや見どころがたくさん詰まっています。

見学会に来た方の多くが注目し、
重要視する場所ではないでしょうか?
今回はそんなリビングのコーディネート例をご紹介します!

落ち着いたモダンな雰囲気の家族みんなでくつろげるリビング

梁の存在感と広々とした解放感溢れるリビングには
シンプルかつモダンなグレーのソファとオットマンに
様々な大きさのクッションを。

落ち着いた雰囲気のブラウンの丸いラグに、
床の木材と合わせた大きめの丸いセンターテーブルで
家族みんなが集まってだんらんができるリビングをイメージしました。

テレビを見ながら食後のコーヒー、なんていうシーンが
想像できますね♪

カジュアルなデニムのソファでサーフスタイルを演出

サーフスタイルがさわやかなお家のリビングには、
デニムのソファでカジュアルなイメージに。

センターテーブルやソファ、奥のダイニングセットは
アイアンの脚のデザインの もので統一し
スタイリッシュなかっこよさも感じられます!

家の木材に合わせほっこり木のぬくもりを感じるリビング

木のぬくもりを感じられるリビングには
オーク無垢材をふんだんに使用した木のフレーム のソファを。

センターテーブルにはコーヒーセットや洋書を置き、
休日にゆっくりソファで読書をするイメージでシーンを作っています。


毎回同じ家具なのではなく、毎回家に合った前回と違う家具を
設置できるようにアイテムの種類を増やしています!

ダイニングのホームステージング、コーディネート例

2020年01月31日

お家によって床の色が濃かったり薄いブラウンだったり、
部屋全体のテイストがモダンだったり、インダストリアルだったり、、、
と本当に様々です。

今回は「ダイニング」のコーディネート例を紹介します。

ソファダイニングでスローな時間の流れを演出

サーファーズハウスのようなテイストで、
アクティブなそれでいて心やすらぐ印象のお家。

一般的なダイニングテーブルよりも少し低めのテーブルに
ヴィンテージ感漂うファブリックのソファベンチを合わせました。

テーブルコーディネートはガラスのグラスやベースで抜け感を出し、
キッチンカウンターのブルーと合わせたプレートやポットで
統一感を出しています。

リビングでももちろんくつろぐことができますが、
家族が集まってご飯を食べた後もダイニングで1日の出来事を話す。
そんなシーンをイメージしています!

カウンターダイニングに合わせてお子様との楽しい食事を

キッチンカウンターが広く、家族で並んで
ご飯を食べることを想定して作られたお家。

床材の木の色に合わせたダイニングチェアと、
テーブルコーディネートはお父さんお母さん用の食器と
お子様用のプレートやマグを。

キッチンに立つお母さんと、カウンターに座るお父さんとお子さまの
姿が写真を見ただけで想像できますね♪

同じ素材で統一されたLDKの空間を演出

天井の梁やテレビボード背面のヘリンボーンの壁など、
木をふんだんに使い見どころたくさんのお家。

お家を引き立て、目立ちすぎない家具のチョイスで、
落ち着いたアウトドアライクなイメージにしました。

ソファとダイニングチェアの素材は
グレーのコーデュロイ生地でまとめ、統一感を演出。
テーブルコーディネートはウッドのプレートやマグカップで
アウトドア風に。

このようにお家に合わせて様々なパターンでコーディネートをしています!
家具はいろんなテイストのものを順次増やしておりますので、
ご希望などあればぜひお気軽に相談してくださいね♪

ホームステージングにおけるレイアウトの重要さ

2020年01月29日

レイアウトの基本は「広さ」

まったく同じ間取りでも、家具のレイアウトやサイズ次第で
「広く」感じたり、「狭く」感じたり、
空間から受ける印象が変わってきます。
ホームステージングでは、その家を広く、開放的な空間に演出するため、
レイアウトや家具のサイズを工夫しています。

見学会で家の広さを感じさせる

歩く場所もないような、家具がぎゅうぎゅうに
置かれたホームステージングでは見学会に来た人は
「住みにくそう」「圧迫感でくつろげなさそう」という
第一印象を持ってしまいます。
それではせっかくのホームステージングも台無しですよね。

一般的に人が1人通るために必要な幅は60cm
ゆとりをもって2人がすれ違えるくらいの幅は90cmからと言われています。
「この家でゆとりある暮らしができるんだ!」と感じてもらえる、
それがホームステージングの強みです。

空っぽの部屋よりも家具が入った部屋のほうが広く見える

空っぽのなにもない部屋を見学会で見ても、
頭の中だけではなかなか家具のサイズ感はつかめません。
家具を置くと、「もっと大きいソファが置けるね」
「TVのサイズはこれくらいがいいね」
と住んだ時の具体的なイメージがわきます。
そこからスタッフとお客様が話すきっかけにもなりますよ。

ディーシーエスでは、見学会に来た方はもちろん、
お施主様が今後の参考に、と家具のサイズを測ったり、
写真を撮られていく方がほとんどです!

ホームステージングでの演出に不可欠なインテリアの要素

2020年01月23日

ホームステージングでは完成したお家の価値をより高め、
見学会や建築写真で他社との差別化を図るためにインテリアでの
空間の演出を行います。

今回はその時に必要不可欠なインテリアの3つの要素を紹介します。

素敵な家具で生活するイメージを膨らませる

ダイニングテーブルやソファ、ベッドなどの家具は
見学会に来た方に、ここで生活をしていくイメージを感じてもらうために
欠かせないアイテムです。

レイアウトによって空間を広く見せたり、
家に合ったおしゃれなコーディネートによって家の価値を高めます。

ディシーエスでは
・ソファ
・ダイニングテーブル、ダイニングチェア
・リビングテーブル
・TVボード
・カウンタースツール
・和室の座卓
・サイドテーブル
・ベッド
・勉強机

など、様々なデザインの家具をご用意しております。
(一部追加料金となるものがあります)

インテリア雑貨で空間をおしゃれに装飾!

ただ家具が置いてあるだけのホームステージングでは
モデルルームのような印象になってしまい、
どうしても「飾り」といったイメージで「生活感」は感じられません。

その家にあったインテリア雑貨を置くことで
暮らしている雰囲気はぐんとアップします!

例えば、
【キッチン】
・トースターや炊飯器などのキッチン家電
・フライパンやケトルなどの調理器具
・まな板やスパイスボトル、お皿などといったキッチン雑貨

【洗面】
・タオル
・化粧品やシャンプーボトル、柔軟剤
・歯ブラシやハンドソープ

これらを置くことで実際に暮らしたときの収納力や
家事の負担を減らせるこだわりなどがわかりやすくなります。

造花や照明でワンランク上のインテリアへ

生活感は大切ですがそればかりを感じてしまうと、
どうしても「憧れのマイホーム」とは結び付きません。

そこで造花やテーブルランプなどを飾り、
観葉植物のある暮らしやランプのあかりでつくられた雰囲気で
空間を演出します。

その家に一番合ったインテリアで、見学会を成功させましょう!

住んだ後の暮らしを感じさせるホームステージング

2020年01月13日

ディーシーエスは、ホームステージングに携わって今年で6年目。
私、上村は入社して1年と8か月が経ちました。

ホームステージングにお客様が何を求めているのか、
見学会に来たマイホーム作りを始めようとしている人がなにを感じているのか。

そんなことを社内で話し合いながら、この1年8か月の間にも
ホームステージングの内容は少しずつ形を変えてきました。
今回は進化し続けるホームステージングへの取り組みについてお話します!

見学会に来るお客様は何を見て「暮らし」を想像できるのか

ディーシーエスを前から利用してくださっているお客様はお気づきかもしれませんが、
昨年からキッチンアイテムに「家電」を追加しました!
インスタやテレビ番組でもたびたび取り上げられ、人気の「バルミューダ」の家電です。
今まで候補に挙がっては消え、挙がっては消え、
ディーシーエスのホームステージングに家電がなかった理由は
「生活感がですぎるのではないか?」という疑問があったことからでした。

見学会に来たお客様は「炊飯器はどこに置こう?トースターは置けるのかな?」と
不安や疑問が残ったままになってしまいます。
それを解消してなおかつおしゃれな暮らしを想像してもらうために
人気のキッチン家電を置くことに至りました。

家電のないキッチンのホームステージング
キッチン家電を用いたホームステージング

「家づくりへの憧れ」を現実にするには?

いまや情報収集のメインはインスタグラムともいわれ、
実際に私自身も、旅行の計画を練るとき、友達と居酒屋に行くとき、
もちろんインテリアのアイディアを出すときにもインスタグラムを利用します。
お家づくりを始めようかな、、、と考えている人は
まずインスタグラムで、おしゃれなインテリアの写真を検索する方が
多いのではないでしょうか?

例えばインスタグラムで「キッチンインテリア」というキーワードで
検索した場合の人気投稿はこういった写真。

実際に暮らしているお家のキッチンの写真にはもちろん料理を作るための
電子レンジやトースター、炊飯器などの家電が写っていますよね。

今までのディーシーエスのキッチンコーディネートは
コーヒーミルやパスタマシーンなどをメインで置いていました。
もちろん日常生活で使うことはあるのですが、
そういったアイテムばかりではなんとなく「非日常感」がどうしても
出てしまっていました。

そこに家電を導入することで、
あるべき場所にあるべきものがあるホームステージングに!
炊飯器はここに収納して、トースターをカップボードに置くとこんなサイズ感、
などなど実際に暮らすうえでの重要なポイントを確認することができ
家づくりが現実味を帯びてくるのです。

「憧れ」で終わらない!手に届く家具や雑貨で暮らしをイメージ

ディーシーエスで使用しているアイテムは、
手の届かないような値段設定のものはありません。
実際にお家を建てたとき、こんなものに囲まれて生活したい!という
気持ちを高めていただくために、
「これお店やインスタで見たことがある!」を増やしていきたいと思っています。

お家づくりをスタートする方の気持ちを高め、
受注へとつながるよう、今後も進化させ続けていきます!

ホームステージングにインテリアが欠かせない理由

2020年01月13日

ホームステージングを利用した建築写真でアイキャッチ!

人の第一印象は最初の10秒ほどで決まり、
その印象をくつがえすのはとても難しいと言われています。

SNS、HPについても同じことが言えます。
ホームステージングを利用した、家具や雑貨が飾られている写真と空っぽの写真、
それぞれ別の工務店の写真がそんな風に並んでいたら
興味をひくことができるのはもちろん家具、雑貨が置いてある写真ですよね。

物件にとって「第一印象」は「物件そのものの印象」になってしまうほど
重要なものなのです!

ホームステージングで実際に生活するイメージが持てる

お客様が見学会に来た時に、家具などが何も置かれていなくて
「ここでどうやって暮らしていくのかイメージができなかった」ということがあります。

「ここは15帖です」と教えてもらっても、
不動産やインテリアのプロでない限り、そこでどんな暮らしをするのか、
どんな配置で家具を置くのか、なかなかイメージはできません。

そこにソファやダイニングテーブル、ベッドを置くだけで
「これなら3人掛けのソファが置けるね!」
「大きめのダイニングテーブルを置いてもこれくらいのスペースの余裕がある!」
と、生活するイメージがぐんと湧きやすくなります。

「この家ならこんな暮らしができそう!」という第一印象を与えられるように
演出できるのがディーシーエスのホームステージングです!

家具のない空っぽの写真

ホームステージングで暮らしをイメージさせる建築写真に!
家に合ったテイストで家の魅力を引き立たせる !

ただ家具が置いてあるだけでは、家は演出できません。
その家のテイストに合ったデザインや素材の家具が置いてあることによって
その家の魅力を引き立たせることができます。
ディーシーエスでは様々な家に合わせられるよう、
様々なテイストの家具・雑貨を用意しています。

人気のインダストリアルや北欧、フレンチカントリーや和モダンなど、
1棟1棟コーディネートし、その家にマッチするインテリアを準備します。
「見学会のためにただ置いてある家具」ではなく、
「おしゃれな人が住んでいるおしゃれな家」という第一印象を
見学会に来た方に持ってもらえるよう、
インテリアや雑貨も随時増やしています!

ブログカレンダー

2020年6月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

最新の記事

ブログ一覧