FAQ

よくある質問

写真の著作権は?

通常カメラマンに帰属しますが、弊社では撮影を依頼していただいた工務店様や施主様に著作権を譲渡しています。

 

 

<著作権がカメラマンにあるデメリット>

1、写真をホームページや印刷物などに使用する場合、所有者に許可を取らなければならない。

例えば雑誌に掲載するために写真を使用する場合、通常カメラマンに「この写真を雑誌で使わせて欲しい」という依頼が必要です。カメラマンにもよりますが、この場合使用料がかかる場合もあります。

 

2、印刷物などで写真を使用する場合、撮影:○○〇氏 などクレジットを入れるよう要求されることもあります。

ディーシーエスでは写真の著作権はすべて依頼者に譲渡していますので、どんな媒体にも許可なく写真を使用することができます。

弊社の目的は写真を使って一棟でも多く工務店様の受注に貢献することです。

ビジネスのスピードや手続きに要する時間が原因で、受注を逃してしまうような機会損失を無くしていきたいと願っています。

そして、工務店様に一棟でも多く住宅受注をしていただくことで、弊社も繁栄していけると考えています。

その他のよくある質問

ディスプレイサービスはどんなサービス?

竣工写真や内覧会をより魅力的するために厳選したインテリア家具、雑貨、観葉植物などをディスプレイ、及びレンタルを行うサービスです。

どの部屋をディスプレイしますか?

リビング、キッチン、洋室、和室、子ども部屋、浴室、トイレまで全てのお部屋をディスプレイします。

家のイメージとあわせてもらえますか?

お打合せ時に家のスタイルやこだわり、ご要望をお聞きし家のイメージに合わせてディスプレイの準備をさせて頂きます。

どんなものを飾るの?

厳選された家具、雑貨、生花、観葉植物をディスプレイします。

ディスプレイサービスの効果は?

A1)家の魅力をさらに引き出し竣工写真や内覧会がぐっと素敵になりイメージアップに繋がります

A2)ディスプレイされたより魅力的な家の写真をホームページ・チラシ・お客様へのプレゼントにと様々な営業ツールに活用できます

A3)厳選された家具、雑貨、グリーンをディスプレイした内覧会で、お客様に生活するイメージを感じて頂き、新規受注率アップに繋げていきます。

新築の家に家具や雑貨を入れる時の傷や汚れが心配です

フローリング等の傷防止対策としてマット、フエルト・シート・キャップ等各箇所に合わせて徹底したガード対応、決して傷はつけません。

建具等への指紋、汚れ付着防止に手袋着用、作業後の拭き掃除など、汚れ対策も万全!搬入・ディスプレイ、撤収時には細心の注意を払い丁寧な作業を行っていますので安心してご利用いただけます。

工務店で準備することはありますか?

建築会社様の手を煩わす事無く搬入から撤収まで全て弊社が行います。

どんなプランがありますか?

◎スタンダード1日コース
1日で家具、雑貨、植物の搬入、ディスプレイ、写真撮影、撤収まで行います

◎完成見学会コース
金曜日に家具、雑貨、植物の搬入、ディスプレイと写真撮影します。 そのまま土日の内覧会でご使用下さい。月曜日に撤収します

ディスプレイにかかる時間は?

搬入・ディスプレイ3時間 撮影3時間 撤収2時間

搬入方法は?

ワンボックスカーにディスプレイ一式を積み込み、現地まで運搬、搬入します。

見学会コースは土日しか利用できないの?

曜日の変更は可能です。お気軽にご相談下さい。

遠い地域でも利用できますか?

もちろん可能です。現地までの交通費は別途かかります。

お客様の反応は?

「ディスプレイする前とした後では断然に差が感じられる」

「丁寧なディスプレイで感動した!」

「内覧会での集客・受注が増えた!」

「暮らしがイメージできる」

「チラシやホームページが華やかになり助かります」

など、沢山の喜びや感謝の言葉を頂いています。

写真の著作権は?

通常カメラマンに帰属しますが、弊社では撮影を依頼していただいた工務店様や施主様に著作権を譲渡しています。

 

 

<著作権がカメラマンにあるデメリット>

1、写真をホームページや印刷物などに使用する場合、所有者に許可を取らなければならない。

例えば雑誌に掲載するために写真を使用する場合、通常カメラマンに「この写真を雑誌で使わせて欲しい」という依頼が必要です。カメラマンにもよりますが、この場合使用料がかかる場合もあります。

 

2、印刷物などで写真を使用する場合、撮影:○○〇氏 などクレジットを入れるよう要求されることもあります。

ディーシーエスでは写真の著作権はすべて依頼者に譲渡していますので、どんな媒体にも許可なく写真を使用することができます。

弊社の目的は写真を使って一棟でも多く工務店様の受注に貢献することです。

ビジネスのスピードや手続きに要する時間が原因で、受注を逃してしまうような機会損失を無くしていきたいと願っています。

そして、工務店様に一棟でも多く住宅受注をしていただくことで、弊社も繁栄していけると考えています。