建築写真・竣工写真撮影なら愛知県出張撮影のディーシーエスにお任せください

照明器具の撮影

住宅撮影には必ず照明器具が必要となります。
照明器具のデザインによっても家の雰囲気が変わり、住む方のセンスが映し出される部分です。
住宅の引き渡し後に、照明を設置する場合もありますし、建築会社とすでに打ち合わせをおこない、照明を設置している場合もあります。

照明器具撮影

照明器具

照明器具撮影

照明器具の撮影は、撮影してみてわかります。
暗くなる・・・
あれ?っとなります。
いつものオート機能で撮影しているのに、なぜか照明器具が撮影できないと。

露出という言葉を知っているとなんとなくわかるかと思いますが、測光するポイントが光りすぎているとカメラが自然と暗く撮影しようとします。
難しい言葉は置いておいて、マニュアル撮影にし、露出を上げて撮影してみてください。
簡単に言えば暗く撮影しているので、光の量を多くしてあげています。

照明の撮影も住宅写真にはとても重要です。
住宅の雰囲気を伝えるのに、小物撮影も大切ですね。

ディーシーエスの建築写真では、リビングやキッチン、お部屋の撮影もしていますが、小物の撮影写真も含めて50枚となっています。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小林 昇

受注を頂ける建築写真こそが使命だと考え、日々撮影をしています。
素材の表現や、施主様や設計士様の想いのこもった間取りやレイアウトを建築写真 として忠実に表現します。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小池 暁

お客様の笑顔を第一に精一杯努めさせていただきます。撮影された家々すべてが施主様にとっても、施工主様にとっても宝物となりますように。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

浅野 久美子

自分が頑張った分だけ、お客様にも喜んでもらうことができ、又自分の励みとなっています。
自分の引き出しを増やす努力を続け、丁寧な仕事を心掛けていきたいです

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

岡山 千絵

お客さまの思い描くイメージや構図をカタチにします。
言うまでもありませんが、「丁寧に」そして「スピーディーに」お届けします。お客さまのその先に存在する、ターゲットにアクションをおこさせる製品作りを心がけています。
WEBデザインや印刷物のことなら、何でもお任せください。