建築写真・竣工写真撮影なら愛知県出張撮影のディーシーエスにお任せください

お客様に新居のご提案をするとき、
隅々までよく読んで頂けるものが「パンフレット」です。

営業へ行ったお家へ「これが当社の売りです!」
とお渡しするパンフレット。

会社の強み、魅力が全て詰まった1冊のパンフレットは、
チラシと違い、手元に取っておいてもらいやすく、
また家族全員が目を通してくれる、すばらしい営業ツールです。

ホームページへの呼び込み効果を付加したり、
会社が得意とする施工方法、こだわりなどをふんだんに
載せる事ができます。

新築依頼、受注率をあげるには、
会社の魅力を引き出したプロが作るパンフレット
なにより効果的なのです。

パンフレット制作の流れ

印刷紙の種類

紙の種類によって光沢や手触りが変わってきます。
よく使われる代表的な種類について簡単にご紹介いたします。

アート紙

表面が滑らかで強い光沢があります。高級感があるので、
カレンダーなどによく使用されます。

コート紙

表面に微光沢のあるツルツルとした紙です。
折込チラシ、フライヤーなど幅広く使われています。

マットコート紙

表面につや消しのコーディングが施されている、
少し厚みを感じる品の良い用紙です。

以上の3種類の他にも様々な種類の紙に対応できます。
お気軽にお問い合せください。

印刷紙の種類

印刷する紙の厚さを指定いただけます。※最大重量があります
厚さを変えることで、パンフレットの印象も違ってきます。

薄い ↑

58K 78K

チラシなどでよく使われるサイズです。

110K 135K

イベント紙など、チラシより少し厚めの用途に使われます。

158K 180K

完成ハガキの厚さです。

厚い ↓

220K

一般的に使われる厚さの最大です。
これ以上の厚さはあまり使われません。

印刷紙の加工

パンフレットの折り加工や形式をご指定いただけます。
豊富なバリエーションの中からよく使われるものを案内いたします。

二つ折り

基本的な折加工です。
真ん中ではなくズラして折ることも出来ます。

中綴じ

パンフレットでは一番多い形式となります。
4p、8p、12p、16pと4の倍数で構成されます。

三つ折

三つ折にも様々な折り加工があります。
紙面を大きく取り扱うことができるので
多くの情報を載せるのに適しています。

スリム三つ折

飲食屋さんなどでよく使われる細いタイプの
パンフレットです。手に持って見やすい
というメリットがあります。

4面観音開き

観音開きの中でも、4面を使ったもの。
見やすく多くの情報を載せることができ、
見せ方の工夫もできます。

ポケット二つ折

二つ折加工にポケットが付いたもの。
中に入れるペラには枚数指定がなく、ペラの
情報を常に替えていくことができます。

「色々あるけどどれがいいのかわからない」

「どんなパンフレットが一番効果があるの?」

プロの視点からお客様に最適な仕様をご提案させていただきます。
是非お問い合わせください。

お問い合わせ

□御社名(法人の場合)
□お名前※必須
□電話番号※必須
□Eメールアドレス※必須

お問い合わせいただく内容についてお聞きいたします。

□お選び下さい※必須チラシについてホームページについてその他
□お問い合わせ内容※必須

お電話はこちら
ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小林 昇

受注を頂ける建築写真こそが使命だと考え、日々撮影をしています。
素材の表現や、施主様や設計士様の想いのこもった間取りやレイアウトを建築写真 として忠実に表現します。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小池 暁

お客様の笑顔を第一に精一杯努めさせていただきます。撮影された家々すべてが施主様にとっても、施工主様にとっても宝物となりますように。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

浅野 久美子

自分が頑張った分だけ、お客様にも喜んでもらうことができ、又自分の励みとなっています。
自分の引き出しを増やす努力を続け、丁寧な仕事を心掛けていきたいです

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

岡山 千絵

お客さまの思い描くイメージや構図をカタチにします。
言うまでもありませんが、「丁寧に」そして「スピーディーに」お届けします。お客さまのその先に存在する、ターゲットにアクションをおこさせる製品作りを心がけています。
WEBデザインや印刷物のことなら、何でもお任せください。