BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

「もっと早くやれば良かった!」と見学会ディスレイフォトの感想をいただきました。

2017年09月14日

こんばんは、朝晩寒くなってきましたね。
そろそろお布団を出さねばと思っている制作部の河合です。

先日お逢いしたお客様に、「もっと早くやってればよかった!」と
見学会ディスプレイフォトの感想をお聞きしました。
その時、今日一番の笑顔を見せてくれたお客様の顔で、
私もとっても嬉しくなってしまいました。

工務店様がお客様と一緒に家づくりを進める中で、
自然とイメージしているのは家具の入っていない部屋ではなく、
家具があり、そのお部屋で暮らしているお客様だと思います。

でも竣工写真を撮影するタイミングや、完成見学会を行うタイミングでは、
工事の進行具合もありますが、
家具の入っていない内観写真になることが多く、
家づくりを伝えきれない、チラシでも魅力を伝えきれないと
思っていらっしゃる方も多いと思います。

それは、完成住宅の写真を撮影し、
それをチラシやホームページに使うといった制作にも関わらせていただいているからこそ、
私たちも強く感じていて、
ディスプレイフォトはそんな想いの中生まれたサービスとも言えます。

家具を入れることで、お部屋が本来のイメージに近づくだけではなく、
お客様が「こんな暮らしをしたい!」とワクワクとしていただけるような
夢のある家具雑貨を選んで飾っています。

ダイニングテーブルで、コーヒー豆をひいて、
ゆっくりと朝のひとときを愉しむ。

例えば、そんなシーンをイメージしながら、
住みはじめたあとの暮らしのストーリーを創っていきます。

家具によっても、与えられるストーリー性は変わってきますね。
例えばリビングテーブル、ダイニングテーブルを2つ置く、というところを、
リビングダイニングテーブルにすることで、ダイニングでリビングのように
くつろぐシーンが描けます。

ディスプレイフォトは工務店様にとっても、
そしてお客様にとっても、
メリットの多いサービスだと自信を持って言えます。

見学会にはぜひディスプレイフォトをご依頼ください^^

 

ディスプレイフォト 中津川市

 

静岡にてディスプレイと竣工写真の撮影

2017年09月13日

ようやく涼しくなり過ごしやすくなってきました。

今年の夏は「空調服」を購入し、暑さを乗り切った小林です。

 

さて、今日は静岡の工務店さんからご依頼をいただき、完成住宅のディスプレイと撮影をしてきました。

 

ディスプレイから撤収までの流れ(一日コース)

  1. 工務店様から図面や見所などを聞く
  2. 写真や図面を見ながら、家族構成やターゲットを考慮しつつ雑貨や家具を選びます。(今回は夫婦と15歳の女の子、13歳の男の子の四人家族がターゲットでした)
  3. 仕様書を確認しながら搬入作業を行います
  4. ディスプレイ終了後撮影開始。三脚を使い、家の隅々まで約100カットを撮影していきます。(約3時間かかります)
  5. 撮影終了後撤収
  6. 帰社後、専門のデザイナーによる歪みや不要物除去などの写真修正
  7. 郵送にて納品

以上がディスプレイと撮影の流れとなります。

 

今日も工務店の担当者様に「ディスプレイが有るのと無いのとでは見違えるほど違うね!」と言って頂き一気に疲れも吹っ飛びました。

完成写真で工務店様の受注を増やす!

これがディーシーエスの使命だと社員全員思っています。

 

ディスプレイしたダイニングテーブル

雑貨撮影

 

写真は後日公開します!