BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

雑貨写真撮影頑張ってます

2017年09月22日

先日スマホを使って雑貨をカッコよく撮り修正する方法を教えてもらいました!
えっ!今さら?中学生でも知ってる!そんな声が聞こえてきそうですが😓

ディスプレイ担当の浅野です。

ディーシーエスのプロカメラマンは何百棟という建築写真を撮影してますが、ディスプレイ担当の私は撮影に関しては全くのど素人です😅
撮り方を少しずつ教えてもらいながら、
教わったまま撮った写真に、あたかも自分が撮ったかのように「良い写真が撮れたな〜💕」と自画自賛しています。かなり勘違い💦
こうやって勘違いを繰り返しながら、コツを掴んで少しずつ上達していくのかな?
そうなれるよう頑張ります🤗

日の丸構図 右の壁の空間が広すぎ

 

少しだけ左へ バンスが良くなりました。

 

今回のカレンダーの雑貨写真は両サイドのバランスを取る事を意識しています。
片方が空きすぎたり垂直でなかったりすると、写真を見た時に考えてしまう、違和感を感じる写真になってしまいます。
あるものをそのまま撮影するのではなくバランスを考えながら脇役を移動したり、色を添えたり、撮影者本人がベストショットが撮れる場所に移動したり一枚の写真撮影の中にも一瞬で色んな事を考え撮影している事を学びました。
これからも、ど素人な私が学んだ事を発信していきますので、写真に興味のある方は一緒に学んでいきましょうね!
ディーシーエスのプロカメラマンが撮影した建築写真や雑貨写真も是非ご参考にして下さい!

http://dcs-photo.net/results/

和の雑貨を探して

2017年09月20日

苔玉台と一輪挿し

最近は引越し業者か!というくらいディスプレイに出かけている小林です。

 

さて、今日は今月末にディスプレイのご予約をいただいているハウスメーカーさんの雑貨などを購入する為に、名古屋の松坂屋と三越に行ってきました。

普段は雑貨屋さんやインターネットで購入することが多いですが、今回の案件は和テイストの上品な家の為、図面とにらめっこしながら必要な食器や花器類などを百貨店で購入しました。(写真はその一部です)

和室のディスプレイで心がけているのは「引き算」をすること。

雑貨や家具を多くするより良質なものを少し配置することで、上品で優雅な和室にすることが可能です。

ディーシーエスでは、「工務店様が一棟でも多く受注できる写真」を目指し、一棟一棟可能な限り家が引き立つディスプレイを心がけ、計画し準備しています。

是非一度お試しください。

明日は、静岡県へ行ってきます!