BLOG

建築写真撮影ディーシーエススタッフブログ

雨の日に室内撮影

2012年04月26日

この写真はどちらが雨の日に撮影した写真でしょうか?
この2枚の写真。

雨の日の室内撮影

雨の日の室内撮影

わかりますか?
写真は光をうまく取り込んでいるものです。
真っ暗な室内の撮影は、簡単には撮影できません。

コンパクトデジカメで家の中で子供を撮影したら、ブレている写真になって、なんでこんな写真になるのでしょう?と思ったことはありませんか。
室内では光が少なくなり、ちょうど良い光を確保できないために、そうなるのです。

答えは、どちらも雨の日の撮影です。
シャッタースピードを遅くし、通常よりもストロボを強くして撮影をしています。

天気であれば、太陽光が部屋全体をうまく輝かせ、ちょうど良い写真となります。
あまり日光が当たりすぎてもよくはないのですが、やはり晴れていた方がうまく撮影できるものです。

今日はあいにくの雨、しかし、引き渡し日と完成見学会の関係で、本日しかありませんでした。
雨の日でも、しっかりと撮影させていただきます。

また、6月の撮影のときに、雨の日の室内写真をアップします。
明日からは天気が回復し、晴天のGWを迎えられるようです。
私も、GWは子供の写真をたくさん撮ります。