建築写真・竣工写真撮影なら愛知県出張撮影のディーシーエスにお任せください

ISO感度を考えた室内撮影

ISO感度を『AUTO』のままで撮影をしている方が多いです。
ISO感度って何?
と考えている方も多いはずです。

ISO感度とは、撮像素子の感度を高く設定できる機能で、光が弱い場所でも、シャッタースピードを保ちながら撮影ができる機能です。
ただ、光が弱い場所で感光度を上げるために、その反動でノイズが入り易くなります。

ISO感度3200の写真とISO感度100の写真を同じ構図でご覧いただくと分かるかと思います。
ただ、パソコン上で見てもそんなにハッキリと違いがわかるかというとややノイズが入っていると感じる程度であると思います。

光をより多く撮影するためにISO感度を調節するのですが、建築写真の場合は、ISO感度100で撮影をしています。
ノイズは大敵なのです。
パソコン上で資料として見るだけであれば、そこまでシビアに考えなくても良いかと思いますが、A1パネルや建築シート、ポスターに利用をする場合には、このISO感度の差が生まれてきます。
なので、ふつうのカメラマンは三脚を使い、ISO感度100で撮影をしているはずです。

コンパクトデジカメでもISO感度の設定はありますので、ちょっと意識して撮影をしてみると、ちょっとうまく写真が撮影できるはずです。
ただ、夜の室内ではISO感度1600、3200ぐらいにしないと、手ぶれを回避した写真撮影は難しいと思います。
ノイズと手ぶれなら、手ぶれの方が大敵です。

手ぶれの写真は使えません。思い出にも残りません。
室内撮影は、手ぶれを回避したISO感度を高くした撮影を心がけましょう。


過去の記事
2017年1月31日   岡崎市でディスプレイフォトをさせて頂きました
2017年1月24日   ディスプレイ時の傷や汚れ防止2
2017年1月20日   株式会社ディーシーエス豊田営業所 完成お披露目会
2017年1月18日   豊田市にて営業開始 
2017年1月16日   建築写真の照明について
2017年1月15日   工務店様になくてはならない企業 工務店様にとって最高のパートナーを目指して
2017年1月14日   建築写真撮影では水平垂直が基本
2017年1月13日   建築写真撮影時のISO感度と手ブレについて
2017年1月12日   ディスプレイフォト インテリア家具や雑貨の搬入時の傷防止について 
2017年1月11日   店舗の竣工写真撮影します ホームページやSNSで効果絶大
ディーシーエス建築写真事務所スタッフブログ全記事を見る
ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小林 昇

受注を頂ける建築写真こそが使命だと考え、日々撮影をしています。
素材の表現や、施主様や設計士様の想いのこもった間取りやレイアウトを建築写真 として忠実に表現します。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

小池 暁

お客様の笑顔を第一に精一杯努めさせていただきます。撮影された家々すべてが施主様にとっても、施工主様にとっても宝物となりますように。

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

浅野 久美子

自分が頑張った分だけ、お客様にも喜んでもらうことができ、又自分の励みとなっています。
自分の引き出しを増やす努力を続け、丁寧な仕事を心掛けていきたいです

ディーシーエス建築写真事務所カメラマン紹介

岡山 千絵

お客さまの思い描くイメージや構図をカタチにします。
言うまでもありませんが、「丁寧に」そして「スピーディーに」お届けします。お客さまのその先に存在する、ターゲットにアクションをおこさせる製品作りを心がけています。
WEBデザインや印刷物のことなら、何でもお任せください。